(54)【考案の名称】太陽追従発電装置

(51)【国際特許分類】

H01L 31/042

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は特に、センサユニットと太陽光電池の集光性を改良し太陽軌跡シミュレーションユニットを設けた太陽追従発電装置に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
現在地球の石化燃料が徐々に欠乏している故、人々は積極的に、太陽光発電、風力発電、水力発電等の代替エネルギーを開発しており、その内の太陽光発電が最多開発となっている。太陽光発電は主に太陽光パネルを太陽に当て、太陽光電池が太陽光を吸収することによって電気エネルギーに変換するものである。また太陽光パネルにずっと太陽を当てる為、人々は太陽光パネルに追従装置を追加取り付け、太陽光パネルに持続的に太陽が当たるようにしている。

【効果】

【0008】
本考案の太陽追従発電装置は、太陽位置を更に正確に追跡し更に多くの太陽光を太陽光電池に集め、太陽光電池に更に多くの太陽光を吸収させて更に多くの電量を変換させることを特徴とする。

(57)【要約】

【課題】本考案は、太陽位置を更に正確に追跡し更に多くの太陽光を太陽光電池に集め、太陽光電池に更に多くの太陽光を吸収させて更に多くの電量を変換させることを特徴とする太陽追従発電装置を提案する。【解決手段】本考案は太陽追従発電装置に関するものであり、それはセンサユニットと太陽光電池の光採取性を改善し太陽軌跡シミュレーションユニットを設けたものである。本考案の太陽追従発電装置のセンサユニットは方向性光採取体を設け、太陽光電池には集光装置を設け、太陽追従発電装置本体には太陽軌跡シミュレーションユニットを設ける。これにより、本考案の太陽追従発電装置は更に太陽位置を正確に追跡し更に多くの太陽光を太陽光電池に集中させ、太陽光電池は更に多くの太陽光を吸収して更に多くの電量に変換することができる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):