(54)【考案の名称】ブックカバー

(51)【国際特許分類】

B42D 3/18 ・他の付属装置

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、書籍を保護するためのブックカバーであって、ブックカバー本体に取り付けたしおりも外観を装飾する装飾具の一つとしてデザインされたブックカバーに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来、書店で書籍を購入する際に掛けてくれる紙製のブックカバーは、書店名が印刷された上に似通ったデザインで外観的にあまり優れているとは言い難い紙製のブックカバーが多く、また紙製であるために書籍を読み終わると書店のブックカバーは外して捨ててしまうことが多く、資源の無駄遣いに繋がっている。
【0003】
そのため、デザイン的な布製等のブックカバーも多く市販されており、消費者は書店で書籍を購入する際に紙製のブックカバーを断って、市販のブックカバーの中から好みのデザインのブックカバーを購入し、使い捨てではなく繰り返し使用する人が増えている。
【0004】
そのようなブックカバーの一つとして、特許文献1に記載のしおりのついたブックカバーが提案されている。前記しおりのついたブックカバーは、しおりのついていない書籍にもしおりが抜け落ちることなく使用することができ、複数のしおりを付けることで数カ所の目印とすることができるものであるが、前記しおりはあくまでもページに挟んで目印とするためのものであり、機能的には十分であるが、複数本のしおり紐の先端が書籍の下方にぶら下がり、デザイン的に優れているとは言い難い。

【効果】

【0007】
本考案は、本体下辺に接合されたしおりを上方向に折り返してページに挟むことで、しおり本来の目印を付ける機能を果たしながらも、更にしおりの先端に設けたしおり装飾部を表紙前方に垂らすように下方向に折り返すことで、しおり自体がブックカバー全体のデザインの一部となり、しおりが単に目印として使用されるだけではなく装飾具の一つとしての役割を果たすと共に表紙がめくれないための重しとしての機能も果たすこととなり、デザイン的及び機能的により優れたものとなる。

(57)【要約】

【課題】書籍を保護するというブックカバー本来の目的及びページに挟んで目印とするしおりの機能を果たしながらも、しおりを表紙がめくれないように抑えるための重しとしての機能を備え、且つブックカバー全体をデザイン的に装飾する装飾具の一つとしても使用することで、デザイン及び機能的に優れたブックカバーを提供する。【解決手段】本体2及びしおり6で構成され、本体2の左右端には袋状の表紙差し込み部3及び折返し片4を設け、本体2の左方には抑え部材5を取り付け、本体2の下辺には下方向に長いしおり6を接合してブックカバー1を構成し、使用の際にはしおり6を目的のページに挟むようにして上方向に折り返し、書籍の表紙を閉じて更に上側にはみ出したしおり6のしおり装飾部6aを表紙前方に垂らすように折り返して使用するブックカバー1とした。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):