(54)【考案の名称】シャワー装置

(73)【実用新案権者】和成欣業股▲ふん▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、シャワー装置に関し、特に、組立て空間を節約でき、また、スプレイユニットと発光ユニットにより、使用する時、全身マッサージと良い雰囲気の灯光効果が得られるものに関する。

【従来の技術】

【0002】
一般の従来のものは、例えば、中華民国専利公報公告第537342号「組立て浴室の改良構造」があり、該組立て浴室は、第1の蓋体と、該第1の蓋体の一側に位置する第2の蓋体から構成され、該第1の蓋体の一側に延伸部を延ばし、該第2の蓋体の一側に該延伸部を収納するための凹槽が形成される天井頂蓋と、第1の座体と、該第1の座体の一側に位置する第2の座体から構成され、該第1の座体の一側に延伸段を延ばし、該延伸段の一側に組合わせ部が設けられ、該第2の座体の一側において、所定の位置に接合部が設けられ、該組合わせ部が接合部の上に跨るように設置され、また、該第1、第2の座体において、所定の位置に、それぞれ排水孔が設けられ、また、該第1、第2の座体の一側において、所定の位置に、それぞれ開口が形成され、開口の近くにある所定の位置に溝穴座が設けられ、該溝穴座に承水路が設けられ、該承水路の高さが、第1、第2の座体の内部の高さと同じである底座と、上記の天井頂蓋と底座との間に設置され、一つ以上の壁板と複数の壁板を接合するための壁角板とから構成される壁体とから構成される。
【0003】
上記の従来の「組立て浴室の改良構造」は、従来の浴室工事の欠点を改善できるが、該組立て浴室の体積が大きくて全体構造が複雑であるため、組立て設置する時、より大きい空間を必要とし、また、組立てることが容易ではなく、また、該組立て浴室は天井頂蓋と底座及び壁体から構成されるため、全体としての設計が活発的ではなく、全身マッサージや雰囲気の創出などの効果が得られない。

(57)【要約】

【課題】組立て空間を節約でき、スプレイユニットと発光ユニットにより使用する時、全身マッサージと良い雰囲気の灯光効果が得られるシャワー装置を提供する。【解決手段】出水口がある底座と、二つの側フレームが、それぞれ上記の底座の二つの対向角に設置され、また、スプレイユニットと発光ユニットとが設置された上フレームがあるフレームと、それぞれ上記のフレームの二つの側フレームの端縁に設置される門体とが含有される。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):