(54)【考案の名称】クリアホルダ、クリアブック及びクリアファイル

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、書類等を収納するクリアホルダ、及びクリアホルダを用いたクリアブック並びにクリアファイルであって、再剥離可能な粘着部をクリアホルダの開口部付近に設けることにより、被収納物の散逸を防止するクリアホルダ、クリアブック及びクリアファイルに関する。

【従来の技術】

【0002】
軟質で透明な素材からなる2枚のシートを袋状にし、内側に、カタログ、新聞雑誌のスクラップ、その他の書類等を収納するクリアホルダ、クリアブックあるいはクリアファイルなどと呼ばれる事務用品が市販されている。収納された状態で閲覧できるので、広く用いられている。これらは、必ずしも明確な定義をもって使い分けられてはいないが、本明細書では、次のような意味で用いるものとする。
【0003】
まず、クリアホルダとは、透明な素材によって成形される概長方形の薄い収納体であって、クリアポケットなどとも呼ばれる。
【0004】
クリアブックとは、表表紙、背表紙、および裏表紙を有する表紙部の背表紙部分の裏側に、複数のクリアホルダを、その開口部以外の1辺を溶着等の方法によって固定して綴じ合わせたものである。
【0005】
クリアファイルとは、綴じ穴付きのクリアホルダを複数綴じ合わせるものであり、表表紙、背表紙、および裏表紙を有する表紙部の背表紙部分の裏側に綴じ具を有している。この綴じ具は、クリアホルダの綴じ穴を介して、クリアホルダを着脱自在にするものである。
【0006】
複数のクリアホルダを備えるクリアブック又はクリアファイルは、非常に便利な文具ではあるが、クリアホルダの開口部から被収納物が滑落しやすいという問題点があった。クリアブック又はクリアファイルを机から落とした際やクリアブック又はクリアファイルを入れた鞄が強く振られた際に、書類等が滑落して散逸してしまい、元通りの順番に収納するのに手間取ったり、書類等の一部がクリアホルダから出てクリアブック又はクリアファイルの表紙部の重さによって折れ曲がってしまったりすることがあった。
【0007】
前記の問題の対策として、滑落を防止する機構を設けることが考えられ、現に、クリアホルダのシートに開口部を覆うような蓋を付した製品が市販されている。
クリアホルダの開口部をクリアブック又はクリアファイルの背表紙側に設けて背表紙によって滑落を防止する、いわゆるサイドイン型の製品も市販されている。
開口部をファスナーによって閉じるクリアホルダも製品化されている。
【0008】
特許文献1には、クリアホルダの表面を三角形状に切り込むことにより、厚みを増さずに滑落を防止し、サイドイン型クリアホルダの有する収納時の不便を緩和する方法が開示されている。
【0009】

【効果】

【0015】
本考案のクリアホルダを使用すると、収納された書類等の滑落を防止できる。クリアブック又はクリアファイルを机から落としたり、クリアブック又はクリアファイルを入れた鞄を強く振ったりしても、収納された書類が滑落したり、表紙部の重さで折れ曲がったりしない。
書類の出し入れは、粘着部を剥がして行なう。この際、開口部は従来のクリアホルダと同様に上辺又は側辺に設けられ、開口部を開く通常の動作の中で粘着部が剥がれるので、従来のクリアホルダと同様に使うことができ、滑落防止のための操作を意識しなくてよい。
粘着部は開口部付近に設けられているので、粘着部と書類等の文字とが重ならず、透明なクリアホルダに入れたままの状態で、中の書類を読むことができる。

(57)【要約】

【課題】収納した書類などの滑落を防止するクリアホルダと、このクリアホルダを複数綴じたクリアブック並びにクリアファイルを提供する。【解決手段】概長方形の上面シート4aと下面シート4bとを重ね合わせて3辺を接合し、1辺を開口させたクリアホルダ3の開口部5の辺に平行、かつ、開口部5付近に粘着・剥離の繰り返しを可能とする粘着部9を設け、開口部5の開閉を自在とする。あるいは、いずれか一方のシートの開口部側の辺に蓋部を連設させて、この蓋部と他方のシートとが接する位置に粘着部を設け、開口部の開閉を自在とする。これらのクリアホルダをクリアブックの表紙部の背表紙裏側に固定して綴じても、これらのクリアホルダに複数の綴じ穴を開けてクリアファイルの綴じ具を用いて綴じてもよい。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):