(54)【考案の名称】USBコネクタ金属ハウジング構造

(73)【実用新案権者】▲隆▼承科技有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、金属ハウジングに関し、特に、USBコネクタに適用され、低コスト化され、生産効率を向上でき、より良い電磁遮蔽効果が得られるUSBコネクタ金属ハウジング構造に関する。

【従来の技術】

【0002】
電子設備の小型化と多機能化とともに、電気コネクタに対する要求が厳しくなり、より良い信号伝送能力を有するだけでなく、構造の小型化と簡素化等が要求され、現在、ユニバーサルシリアルバス(Universal Serial Bus、USB)コネクタは、常用された入力/出力インターフェースとなり、市場に登場したUSBコネクタは、Aタイプ(A TYPE)やBタイプ(B TYPE)及びミニタイプ(MINI TYPE)等の規格があり、また、該USBコネクタは、ワイヤケーブルコネクタとして、ワイヤケーブルの一端に連結されることができる。
【0003】
上記の従来のUSBコネクタは、絶縁本体と複数の端子及び金属ハウジングがあり、それらの端子が、該絶縁本体上に実装され、該金属ハウジングが、該絶縁本体の外部に覆うことにより、より良い保護と電磁遮蔽効果が得られる。
【0004】
しかしながら、上記の従来のUSBコネクタは、その金属ハウジングが、二枚式設計で、材料コストが高くなり、また、それぞれ、二つの金型が必要とされるため、金型コストが増大される。また、二枚式設計である金属ハウジングは、組立てに、より多い工程と時間が必要とするため、自動化生産に不利であり、電磁遮蔽効果も悪い。
【0005】
本考案者は、上記の欠点を改善するため、慎重に研究開発し、そして、学理を活用して、設計が合理的で有効に上記の欠点を改善できる本考案を提案する。

(57)【要約】

【課題】本考案は、USBコネクタ金属ハウジング構造を提供する。【解決手段】底板と二つの側板及び頂板があり、該二つの側板が、該底板の両側から上へ延ばして形成され、該頂板が、該二つの側板の前半部の上端に連結され、該ハウジング部の頂部において、後半部に、開口が形成されるハウジング部と、一体成型に該ハウジング部に連結され、該開口に嵌設できる蓋体部と、が含有され、これにより、材料コストと金型コストを節約でき、生産効率が向上され、また、より良い電磁遮蔽効果が得られるUSBコネクタ金属ハウジング構造である。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):