(54)【考案の名称】カード用ステッカー

(73)【実用新案権者】株式会社パステル

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、カードの表面に再剥離可能に貼着することにより、当該カードの表示内容を隠蔽したり、そのカードの表面を装飾することができるカード用ステッカーに関する。

【従来の技術】

【0002】
昨今、一般的な生活においては、種々の情報が表示、或は、内蔵された数多くの種類のカード乃至はカードに類するものが、小供から老人まできわめて広範に利用されている。
【0003】
ここで「カード」とは、例えば交通機関が発行する定期券やチャージ型カードなど、金融機関が発行するキャッシュカードやクレジットカードなど、デパート,スーパー,コンビニ,商店街などの商業施設などが発行する会員カードやポイントカードなどを始めとし、学生証などを含む身分証明カードや診察カード、或は、運転免許証や「タスポ」(たばこ成人認証カード)などおよそカード状に形成されたすべてのカードを含むものとする。
【0004】
上記カードは、日頃からパスケースや財布などに入れて常時携行し、必要な場所で取出して使用するが、使用の際などにそのカードに固有の表示内容が盗み視られたりして安全上好ましくないという問題がある。
【0005】
一方、上記のようなカードは常時持ち歩いていること、或は、機械(カードリーダやカードライタ)に通すことがあるため、表面が摩耗して表示が汚損してしまい、使用に支障を来たすのみならず、見栄えも好ましくないことも多い。

【効果】

【0010】
本考案では、一例として、離型剤を表面に備えた台紙上に、既発行カードの形状と略同形に形成したシート材であって表面に適宜印刷を施し、裏面に再剥離性接着剤層を形成したシート材を、前記接着剤層において貼設してカード用ステッカーを形成し、前記シート材を台紙から剥離して既発行カードの少なくとも片面に再剥離可能に貼着して使うようにカード用ステッカーを形成したので、既発行カードに視覚的に表示された種々の表示を隠したり、カード表面の摩耗を効果的に防ぐことができる。

(57)【要約】

【課題】カードの表面にステッカーのようなシート材を再剥離可能に貼着することにより、盗み視などによる安全上の問題を回避できると共に、カード表面の摩耗を防ぐのみならず、カードを元の意匠とは別の意匠に見せることができるカード用ステッカーを提供すること。【解決手段】離型剤を表面に備えた台紙1上に、既発行カードの形状と略同形に形成したシート材3であって表面又は裏面に適宜印刷4を施すか又は印刷を施さず、裏面に再剥離性接着剤層5を形成したシート材3を、前記接着剤層5において貼設してカード用ステッカーを形成し、前記シート材3を台紙1から剥離して既発行カードの少なくとも片面に再剥離可能に貼着して使うこと。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):