(54)【考案の名称】冊子ホルダおよび冊子

(73)【実用新案権者】有限会社シンク・ボックス

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】 図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、一枚ずつ剥がして使用するために、紙等のシート状素材を多数積層して上端の小口面で接着ある冊子を壁面等に保持して使用するための冊子ホルダに関し、また、前記冊子ホルダのために専用に用いられる冊子に関する。

【従来の技術】

【0002】
メモ帳や日捲りカレンダーのように多数のシート状素材が積層されて、垂直に裁断された小口面一方で一枚ずつ分離可能に接着されている冊子類は、一番上のシート状素材を指で捲り取ろうとすると、シート状素材の厚みが薄いほど一枚だけ分離して捲るのが容易ではなく、複数枚をまとめて捲ってしまって、不必要な枚数分を無駄にしてしまうことがある。
【0003】
そこで、従来より、多数のシート状素材を積層した冊子の開放端を上部から順次捲りやすくするために、下方内側に向いた鋭角状の斜面とした斜め小口とする提案がなされている。(特許文献1参照)

【効果】

【0010】
請求項1記載の考案に係る冊子ホルダによれば、シート状素材が多数枚積層された冊子から、容易に一枚ずつシート状素材を捲り取ることができ、複数枚のシート状素材を重ねて捲り取って無駄にしてしまうおそれがなく、日捲りカレンダーのように、必ず1枚ずつ捲り取る必要がある場合において、特に効果的に用いることができる。
【0011】
また、冊子の前側のシート状素材下端をその背後のシート状素材下端よりも下方に突出させて一枚ずつ捲り取り易くするために、積層されたシート状素材の下端を斜めに裁断する必要がなく、裁断コストを節約できるとともに、積層されているシート状素材の上下寸法を全て同じサイズにできるため、シート状素材の下端近傍部分への印刷等が制約されることがなく、シート状素材全面を無駄なく利用することができる。
【0012】
また、冊子ホルダは、構造が簡単で冊子の装着が容易であるとともに、シート状素材を全部使い切った場合には、不要となったベース板をガイドレール部から抜き取ってこれだけを廃棄すればよく、冊子ホルダ自体は捨てることなく、再度新たな冊子を装着して繰り返し利用することができる。 また、冊子を壁面等の垂直面に保持して使用することができるため、場所を取らず、様々な用途に広く利用することができる。
【0013】
また、請求項2記載の考案に係る冊子ホルダによれば、請求項1記載の考案に係る冊子ホルダと同様な効果に加えてさらに、冊子を2連装にしているため、1つの冊子を使い切った時点で、不要となったベース板を容易に排出して予備の冊子を続けて使用することができ、途中でシート状素材切れになるおそれが無く、また、1つの冊子を使い切った場合には、新たな予備の冊子を簡単に補充しておくことができる。
【0014】
また、請求項3記載の考案に係る冊子によれば、ベース板を規格化しておくことで、1つの冊子ホルダに様々な仕様のシート状素材を装着することができ、汎用性を高めることができる。
また、従来から使用されている伝票類やメモ帳類の版下等を作り替えることなく、高度な設備や技術を必要とせずに、冊子の小口面の対向する2辺に沿って、これらの2辺の外側に所定幅のガイド耳部を突出させたベース板を接着するだけで、請求項1または請求項2に記載されている冊子ホルダに使用可能な冊子を容易且つ低コストに製造することができる。

(57)【要約】

【課題】 シート状素材を一枚ずつ確実に捲り取ることができ、且つ、新たな冊子を補充して繰り返し使用できる冊子ホルダを提供するとともに、前記冊子ホルダに専用に用いられる、製造が容易で製造コストの安い冊子を提供する。【解決手段】 多数積層したシート状素材3Aを揃えて垂直に裁断した矩形状の小口面にガイド耳部aを突出させたベース板3Bを接着した冊子3を用いて、冊子ホルダ1のホルダ本体2に設けたガイドレール部7と第2のガイドレール部8で、ベース板3Bの前後のガイド耳aをそれぞれ、ガイドレール部7、8の少なくとも一方の端から挿抜可能に保持し、冊子3の前側のシート状素材3Aの下端をその背後のシート状素材3A下端よりも下方に突出させて一枚ずつ捲り取り易くする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):