(54)【考案の名称】ダイレクトメール用はがき

(73)【実用新案権者】株式会社グローバルアイ

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、三つ折り状態のはがき本体の外部から見える部分に宝くじの抽選番号や賞品や賞金付きのクイズの問題を印刷したダイレクトメール用はがきに関する。

【従来の技術】

【0002】
ダイレクトメールにおいて、封筒にクイズの問題を印刷し、ダイレクトメール受領者の興味を引き、ダイレクトメールの広告宣伝効果を高めることは従来知られている(例えば特許文献1参照)。また、くじ付きのダイレクトメールが従来知られている(例えば特許文献2参照)。

【効果】

【0005】
本考案は、三つ折りのはがき本体の外部から見える部分に、受領者に興味をもたせるためのクイズや宝くじの情報が記載されているので、受領者に郵送されたはがきが即座に捨てられてしまうことがない。また、はがき本体の簡易接着部分を剥がすと、クイズや宝くじ応募用の返信用のはがきがでてくるので、受領者は、この返信用のはがきでクイズや宝くじに応募でき、しかも、ダイレクトメール発送側は、返送された返信用はがきの数によってダイレクトメールの効果を確認できる。また、宝くじの抽選日やあるいは当たりなどの情報ははがき本体の三つ折り接着状態を全開封しないと見ることができないので、受領者にはがき本体の広告の中身を高い確率で見てもらうことができる。また、受領者がクイズや宝くじの抽選発表日がくるまで、はがき本体を保存することが期待でき、長期間の広告宣伝効果が期待できる。

(57)【要約】

【課題】はがきを用いたダイレクトメールの広告効果を高める。【解決手段】はがき本体2を四角形の前方部分4と中間部分6と後方部分8とで構成し、これらを三つ折りにして各部分4,6,8を互いに剥離自在に接着する。三つ折り状態のはがき本体2には外部から見えるように宝くじの抽選番号やクイズの問題を掲載する。前方部分4の表面4a側には宛名掲載部を設け、中間部分6に宣伝広告用のPR掲載欄22を設け、後方部分8の表面側には返信はがきのあて名面を設ける。後方部分8の裏面8b側にはクイズ宝くじ情報掲載欄30を設ける。中間部分6から剥離した後方部分8は、はがき本体2に設けたキリトリ線に沿って切断し、クイズ宝くじ応募用の返信はがきとして使用できる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):