(54)【考案の名称】一体成形高強度アルミニウム合金太陽電池モジュールフレーム

(73)【実用新案権者】松讃實業股▲ふん▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、一体成形高強度アルミニウム合金太陽電池モジュールフレームに関するものであり、特に、太陽電池板を嵌止固定するエッジフレームに属する技術領域に応用するものである。

【従来の技術】

【0002】
公知の太陽電池モジュールフレームは、図5、図6に示すとおりであり、該フレーム体30内にサポート板31をハンダ接合し、また、該フレーム体30の下方にU型の板体嵌合部32を設け、使用する場合は、太陽電池板20をフレーム体30下方に設けた板体嵌合部32に嵌入して太陽電池板20を固定する。
【0003】
それは太陽電池モジュールフレームの効果を発揮するものであるが、下記のような問題点がやはり存在する。
(1)固定が不確実:それはU型の板体嵌合部によって太陽電池板を嵌止固定しており、太陽電池板をU型の板体嵌合部に入れた後、隙間が存在する故、不確実な固定となる。
(2)抗外力強度が弱い:そのサポート板はフレーム体内にハンダ接合で取り付けられており、フレーム体が引っ張られたり、圧力作用を受けた時、サポート板とフレーム体のハンダ接合箇所は、支えきれなくなる故、サポート板とフレーム体に亀裂が発生し、もともとの効果が発揮されなくなる。

【効果】

【0006】
本考案の効果は次のとおりである。
(1)<確実な固定>
それは、嵌止槽の両側、即ち、第二側板と内板端面に定位嵌止凸部を設けてあり、太陽電池板が嵌止槽に嵌入される場合、太陽電池板の上、下両側は定位嵌止凸部に圧せられ嵌止する故、全体の固定は確実なものとなる。
(2)<良好な抗外力強度>
強化肋体は第一側板と内板間に一体設置されており、これにより、エッジフレーム部材は効果的に外力を阻止し、フレームが引っ張られたり圧力作用のあった場合、該強化肋体が、効果的に応力を支えることにより、フレームは、変形や亀裂を発生させることがなく、良好な抗外力強度を持つ。

(57)【要約】

【課題】固定を確実にして高い抗外力強度を持たせる一体成形高強度アルミニウム合金太陽電池モジュールフレームを提供する。【解決手段】フレーム1を含む一体成形高強度アルミニウム合金太陽電池モジュールであって、フレーム1は、数個のエッジフレーム部材10により構成され、該エッジフレーム部材10には、第一側板11、第二側板12、内板13を設け、該第一側板11から第二側板12間には弧形を呈した強化肋体14を設け、また、第二側板12と内板13間には嵌止槽15を設けてあり、強化肋体14によってエッジフレーム部材10は外力を阻止し、嵌止槽15によって太陽電池板20を定位固定し、固定を確実にして高い抗外力強度を持たせる効果を奏することができる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):