(54)【考案の名称】傘

(73)【実用新案権者】有限会社エーワンセキュリティサービス

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、傘に関する。さらに詳しくは、防犯に効果のある傘に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来から傘には種々のデザインがあるが、それらは純粋にデザインとしての多様性を狙ったものであった(特許文献1)。したがって、子供の通学途中の安全性を狙ったものではなかった。
【0003】

【効果】

【0006】
第1考案によれば、傘の濃い色と薄い色の塗り分けはパトカーをイメージさせ、かつ傘面中の子供を監視していることを表わす文言が通学路中の誰もが読み取れる。このため、本考案の傘を差して通学路に保護者等が立っていれば、防犯意識が高い地域であることを認識させるので、悪質者による犯罪を抑止しやすくなる。
第2考案によれば、石突の赤色がパトカーのパトライトをイメージさせるので、防犯意識をより高め、悪質者による犯罪を防止しやすくなる。

(57)【要約】

【課題】傘を差して立っているだけで、子供を監視していることを第3者に訴え、悪質者の出没を抑止できる傘を提供する。【解決手段】傘1の傘面の下縁部分を濃い色4で塗り、その他の部分を薄い色5で塗り、傘面に子供を監視していることを表わす文言6を印刷している。また、石突7は赤色に彩色している。傘の濃い色と薄い色の塗り分けと石突7の赤い色はパトカーをイメージさせ、かつ傘面の子供を監視していることを表わす文言6は通学路中の誰もが読み取れる。このため、傘を差して通学路に保護者等が立っていれば、悪質者による犯罪を抑止しやすくなる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):