(54)【考案の名称】リアサスペンションの延長補助具

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、主として3輪車タイプのミニカーに用いられるリアサスペンションの延長補助具に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、例えば図8の実線で示すように3輪車タイプのミニカーに用いられるリアサスペンション10は、ダンパー13とスプリング14とからなり、ダンパー13の上端部が車体フレーム21後方の幅方向中間部に固定され、また下端部が後輪支持フレーム23の幅方向中間部に左右方向に揺動可能に支持されている。具体的には、ダンパー13の下端にコ字形係合部12が設けられる一方、後輪支持フレーム23にコ字形係合部12が挟み込むように挿嵌される係合体24が突設され、この係合体24にコ字形係合部12を挿嵌した状態で連結ボルト15により枢支して、ダンパー13が、つまり車体フレーム21が後輪支持フレーム23に対し左右方向に揺動可能に支持されている。
【0002】
これにより、3輪車タイプのミニカーAが右又は左方向に旋回走行するとき、車体フレーム21が後輪支持フレーム23に対しその旋回軸方向に一定角度の範囲内で傾倒することによりスムーズに小回り走行が行えるようになされている。

【効果】

【0006】
本考案によれば、上記した構成により、3輪車タイプのミニカーにおける後輪を大径アルミホイールや大径タイヤに交換する場合には、リアサスペンションにおけるダンパー下部のコ字形係合部を延長補助具本体の受入凹所に上方側から挿入して連結ボルトで連結固定してダンパーの長さを延長する一方、延長補助具本体の二股係合部を後輪支持フレームの係合体に挟み込むように挿嵌した状態で両者を枢支ボルトにより枢支すればよい。これにより、延長補助具を既存のリアサスペンションに簡単容易に追加装着できてその長さを延長でき、長いサスペンションに交換したのと同効果が得られ、三輪車タイプのミニカーの旋回時に、車体フレーム側と大径タイヤとの干渉を避けることができる。その上、高価な長めのリアサスペンション全体を新たに購入して交換する必要がないので非常に経済的である。

(57)【要約】

【課題】既存のリアサスペンションに簡単に追加装着できてその長さを延長でき、旋回時の車体フレーム側と大径タイヤとの干渉を避けられるようにする。【解決手段】リアサスペンションの延長補助具として、角柱状の延長補助具本体2と枢支ボルト3とを用いる。延長補助具本体2の前後面の上部にダンパーのコ字形係合部12を上方側から受け入れ、揺動不能に固定するための受入凹所を形成すると共に、受入凹所の中心部に連結ボルト15の挿通用貫通孔を形成する。延長補助具本体2の下部に左右側壁部分を二股状に延長して、後輪支持フレーム23の係合体24に挟み込むように挿嵌可能な二股係合部2cを形成すると共に、一方の延長側壁の先端側中心部に枢支ボルト3の挿通孔を、他方の延長側壁の先端中心部に枢支ボルト3と螺合する螺子孔2eを形成した。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):