(54)【考案の名称】文字種混合ユーザアカウント通信ダイヤルアップ接続装置

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案はIP電話の通信技術に係り、特に従来型の電話機でダイヤルアップ接続する、文字種混合アカウントのIP電話ユーザの通信ダイヤルアップ接続装置に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
IP電話技術は、コンピュータ操作およびインターネット(Internet)で電話をかける通信技術であり、個人ユーザでも法人ユーザでも、ブロードバンド・ネットワークの環境を用意でき、ユーザ端末にゲートウェイ(Gateway)を設置しさえすれば、ブロードバンド・ネットワークより電話をかけて通信を行うことができるものであった。
【0003】
IP電話技術は、アナログ式の音声信号をデジタルコードに圧縮した後、ネットワークベース上でポイントツーポイントにより、ただちに音声で伝送されるというものである。インターネットの利用により、ただちに音声伝送サービスを提供できるばかりか、さらに世界中どこへでも、ユーザが公衆電話ネットワーク(PSTN、つまり一般的な従来型の電話線)を用いなくとも、遠距離電話で通話が可能となった。ブロードバンド・インターネットの普及に伴い、今後はインターネットを利用して音声で通信するようになると見られる。

【効果】

【0008】
本考案は、従来型の電話機で文字種混合ユーザアカウントのIP電話にダイヤルアップ接続する、通信ダイヤルアップ接続装置を提供することにあり、あらかじめ割り振った数字コードに変換して、従来型の電話機のテンキーを用いて、ダイヤルアップ方式で文字種混合ユーザアカウントの呼び出し先に接続することにより、決まった場所にあるコンピュータで相手先を呼び出す手間を省けるという効果を有する。

(57)【要約】

【課題】特に相手先を呼び出す手間を省く文字種混合ユーザアカウントの通信ダイヤルアップ接続装置を提供する。【解決手段】本考案はダイヤルアップ接続をする呼び出し電話番号を識別し、再度マイクロプロセッサより、あらかじめ割り振った数字のコードにより変換して、受け取った電信符号を実際に呼び出すユーザアカウントに変換し、さらに効果音処理回路105を通じて接続する伝送線よりコンピュータPCへ伝送して、遠方にいるIP電話ユーザを呼び出すという通信要求を完了するということを特徴とする。そうすると、従来型の電話機のテンキーを用いて、直接ダイヤルアップ方式で文字種混合ユーザアカウントの呼び出し先に接続することで、決まった場所にあるコンピュータで相手先を呼び出す手間を省くことができる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):