(54)【考案の名称】名刺

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は名刺に係り、より詳しくは、会社名、氏名住所等の表示部分以外の余白部分に、葉、草、花等の自然物からなる装飾物を貼着し、これにより、名刺を通じて相手に好印象を与えることを可能にした名刺に関する。

【従来の技術】

【0002】
周知のように、名刺は、自己紹介の場において交換することで専ら自身の氏名等を明らかにするために用いられているため、これを受け取った者に強い印象を与えて忘れにくいものにすることが望ましい。また、名刺は初対面の者同士が相互に交換するものであるから、名刺を通じて相手に好印象を与えることができるようなものにすることも望ましい。
【0003】
しかしながら、従来の名刺は、氏名、勤務先、身分、住所、電話番号等の文字が記されているのみであることが一般的であり、そのため、相手に与える印象が薄く、相手の注意を引きつけ、また会話の糸口となる材料を提供することが難しく、また華やかさに欠け、これが印象を薄くする要因の一つにもなっている。
【0004】
この点、近年になり、顔写真を表示したり、素材を紙以外のものにしたり、又は全体を着色した名刺が提供されており、これによれば、ある程度は相手方にインパクトを与えることも可能であるが、このような加工を施した場合には、コストが高くなってしまうという問題点が指摘できる。特に近年は、ビジネスマンにとどまらず、主婦や学生等、広く名刺が利用されているところ、この主婦、学生等にとっては名刺作成のための費用は大きな負担になる。
【0005】
また、近年、名刺の片面に押花を重ね合わせるとともに、その花を透明フィルムでカバーした名刺も提案されているが、このような名刺では、透明フィルムでカバーする手間が大きく、それにより製造コストが高くなってしまうために、一般向けではない。

【効果】

【0008】
本考案の名刺では、名刺における会社名、氏名住所等の表示部分以外の余白部分に葉、草、花等の装飾物を貼着しているために、単に氏名、勤務先、身分、住所、電話番号等の文字のみを記載した名刺と異なり、相手方に強い印象を与えて忘れにくいものにすることができる。
【0009】
また、葉、草、花等の装飾物を貼着しているために、例えば季節に合わせた花等を貼着することで、名刺を通じて相手に好印象を与えることも可能であるとともに、透明フィルム等でカバーした場合と異なりコストを抑えることも可能で極めて実用的である。

(57)【要約】

【課題】受け取った者に強い印象を与えて忘れにくいものにするとともに、名刺を通じて相手に好印象を与えることが可能であり、更に製造コストを抑えることが可能な名刺を提供する。【解決手段】名刺1における会社名、氏名住所等の表示部分3以外の余白部分に、葉、草、花等の自然物からなる装飾物4を糊により貼着してなることを特徴としており、これにより、単に氏名、勤務先、身分、住所、電話番号等の文字のみを記載した名刺と異なり、相手方に強い印象を与えて忘れにくいものにすることができるとともに、例えば季節に合わせた葉や花等を貼着することで、名刺を通じて相手に好印象を与えることも可能であり、更に、透明フィルム等でカバーした場合と異なり、透明フィルムが不要であるとともに透明フィルムでカバーする手間が少なく、製造コストを抑えることもできる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):