(54)【考案の名称】太陽追尾パネルを有する装置

(73)【実用新案権者】四国プラスチックス株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、太陽追尾パネルを有する装置に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来から街灯等には、太陽光発電パネル(以下、単にパネルという)を備えた照明灯等が設けられている。かかる街灯では、昼間にパネルが発電した電力を二次電池に充電しておき、夜間には、二次電池に充電した電力により街灯を点灯させている。
【0003】
パネルは、垂直に太陽光が照射される時刻には効率よく発電できるが、太陽光が斜めから照射される場合には発電効率が低下する。
しかし、街灯に設けられるパネルは支柱等に固定されているので、パネルに対して垂直に太陽光が照射される時刻(例えば正午等)には効率よく発電できるものの、朝や夕方は、パネルに対して太陽光が斜めから照射されるため発電効率が悪いという問題があった。
【0004】
パネルに対して常に太陽光が垂直に照射されるようにパネルに太陽を追尾させれば、上記問題を解決できる。パネルではないが、太陽光を反射する反射鏡に太陽を追尾させる技術が開発されている(例えば、特許文献1、2)。
特許文献1には、旋回駆動装置と調整器を用いて反射鏡の姿勢を3次元的に制御し、反射鏡に太陽を追尾させる技術が開示されている。
また、特許文献2には、y軸回転モータとx軸回転モータを組合せた2軸制御機構により反射鏡の太陽光に対する角度を調整する技術が開示されている。
【0005】
しかるに、上記技術は、反射鏡に太陽を追尾させる上では好ましいのであるが、いずれも水平方向の回転と垂直方向の揺動を組み合わせて反射鏡の姿勢を調整しているので制御システムが複雑になる。
また、反射鏡を水平方向および垂直方向に移動させる機器が必要となるため設備が大型化する。
しかも、複数の機器を作動させるために消費する電力も多くなるので、パネルの発電量に対して機器の消費電力の割合が多くなり、エネルギ効率も低下する。
以上のごとき事情もあり、特許文献1、2の技術を、太陽光発電を利用する街灯や標識等に採用することは実際上難しい。
【0006】

【効果】

【0009】
第1考案によれば、太陽光発電パネルを間欠的に回動させるので、太陽光を常時追尾する場合に比べて制御が容易になる。
第2考案によれば、太陽光が最も弱い冬至の時期に最も効率良く太陽光が入射されるように太陽光発電パネルの仰角が調整されているので、太陽の角度に合わせて太陽光発電パネルの仰角を調整してなくても、ある程度の発電量を維持することができる。そして、仰角を調整する機器が不要となるので、装置が大型化することも防ぐことができるし、太陽光発電パネルの移動を制御する機器が使用する電力を抑えることができる。
第3考案によれば、人等が接近したときにのみ、照明器具を点灯させることができるので、二次電池の電力の消費を抑えることができ、二次電池の電力の利用効率を高くすることができる。
第4考案によれば、発電電圧から太陽光の強度を推定し、周囲の状況に応じて適切なタイミングで照明器具を消灯するので、二次電池の電力の利用効率を高くすることができる。

(57)【要約】

【課題】簡単な設備で効率良く太陽光を利用できる太陽追尾パネルを有する装置を提供する。【解決手段】太陽光発電パネル11を備えた装置であって、太陽光発電パネル11を支持する支持部12と、太陽光発電パネル11により発電された電力を充放電可能な二次電池13と、二次電池13から電力が供給される機器と、二次電池13の充放電を制御する制御部21とを備えており、支持部12には、太陽光発電パネルを水平面内で間欠的に回動させる駆動手段14が設けられている。太陽光発電パネルを間欠的に回動させるので、太陽光を常時追尾する場合に比べて制御が容易になる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):