(54)【考案の名称】ページめくり付きしおり

(73)【実用新案権者】有限会社丹羽電子

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図6

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は、書物のページの間に挟んで使用するしおりに関し、更に詳しくは、これらのしおりの一部に滑り止め面部を一体化でなるページめくり機能を具備した、しおりに関する。

【従来の技術】

【0002】
此の種の従来の技術として知られるしおりは、縦長帯状でシート材の紙やプラスチックや合成皮等各種素材を使った、帯状シート体を基台とし、その表面側、裏面側には、それぞれ任意の模様や文字などが印刷され、これらの基台の先端部には飾りひもがつけられたり或いは、飾りひも無しのしおりが一般的で、これらは書物の読みかけを閉じる場合に、其のページの間に挟んでおく事で、次ぎに書物の読みはじめの見出しとなるよう、しおりの先端部に付けた飾りひもをページの外部にたらす等で、見出しとしている。そしてまた、飾りひもの施さないしおりでは、書物の外部にしおりの先端部だけ突き出させたりすることで、書物と一体となって利用されることで、一般的なしおりとして知られ、書物のページの見出しとして有効に使われている。そしてまた、これらの読書でのページめくりは素手の指先を使って直にページをめくるか、或いは、ゴム製の指サックなどを使って、一枚づつページをめくっている。読者はこのようにしおりを操作することと、ページをめくる事の操作とが、常時一体で有ることがわかる。

【効果】

【0005】
本考案は、上述の通り構成作用するので次ぎの優れた効果を奏する。即ち、基台の一部である先端部に設けた摩擦係数の大きい、滑り止め面部を一体化されることで、これら滑り面部をページコーナーのめくろうとする近辺に配置し、指先でこの部を押しながら摩擦の抵抗でページがめくられ、汚れた指先をなめたり、防寒手袋を外したり、ゴム製の指サックを使わずに確実に素早く、書物のページを一枚のしおりでスムーズにめくる操作の出来る、ページめくり付きしおりを提供できる。
【0006】
そしてまた、基台の一部である先端部に設けた摩擦係数の大きいシートを一体化でなる滑り止め面部が、ページの紙面に挟み込まれたページの間では、双方の接触面が大きい摩擦抵抗で滑りにブレーキがかかる等で滑り落ちたり、ヅレたりする事で、読みかけページが判らなくなるなどの無い使い易いページめくり付きしおりを提供できる。

(57)【要約】

【課題】書物に挟んで使うしおりに、ページめくりの新しい機能を付加し利便性を高める。【解決手段】各種素材からなる装飾性或いは宣伝性での書物AのページB間に挿入されるしおりにおいて、これらの可撓性の帯び状シート体でなる基台1の一部に位置して、任意形状の柔軟性ゴム系材質或いは、湿式不織布等の摩擦係数の大きい滑り止め面部2を一体化構成とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):