(54)【考案の名称】往復隠蔽はがき

(73)【実用新案権者】大日本印刷株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、往復はがきに関し、更に詳しくは、往信時及び返信時の両方において個人情報を隠蔽することができる往復はがきに関する。

【従来の技術】

【0002】
はがきに印字されている請求書などの個人情報を保護する対策として、個人情報を隠蔽できる隠蔽はがきが利用されている。往信用の隠蔽はがきとしては二つ折りはがきが有名で、対向する面の一方に特殊な接着剤を塗布するなどして貼り合せ可能とし、貼り合せる面に個人情報を印刷することで、印刷された個人情報は保護される。
【0003】
また、返信用の隠蔽はがきとしては、返信用はがきに記入された個人情報を隠蔽する粘着シートを個人情報が記載された領域に貼ることで、粘着テープによって隠蔽された個人情報は保護される。
【0004】
特許文献1では、個人情報を隠蔽する粘着シールとして機能する拡張部を備えた隠蔽シール付はがきシートが開示され、特許文献1の発明によれば、隠蔽するための粘着シートが返信はがきから分離することはなく、粘着シートの紛失を防止できる。
【0005】
また、特許文献1で開示されている発明では、返信用はがきの重量が増えたり、多くの情報が記載できない欠点があるため、隠蔽するための粘着シートを返信用はがきから分離させないという長所は有していて、なおかつ、返信用はがきをできるだけ軽量し、より多くの情報を記載できるようにした往復はがきが特許文献2で考案されている。

【効果】

【0017】
上述した考案によれば、隠蔽はがきに記載できる情報量を減らすことなく、往信時及び返信時の両方において、個人情報を隠蔽することはできる隠蔽はがきを提供できる。

(57)【要約】

【課題】往信時及び返信時の両方において、個人情報を隠蔽することができる往復隠蔽はがきを提供する。【解決手段】紙片が連結した1枚のシートを折り畳み貼り合わせることで形成される往復隠蔽はがきであって、シートは、表面が往信用はがきの宛名面で裏面が返信用はがきの文面である紙片1と、表面が往信用はがきの文面で裏面が返信用のはがきの宛名面となる紙片2と、表裏面に再剥離接着剤が塗布された紙片3及び紙片4と、個人情報の記入欄が設けられた紙片5から構成され、往復隠蔽はがき8は、紙片1の裏面および紙片2の裏面を、それぞれ紙片3の裏面と紙片4の裏面に貼り合わせることで、シートを3枚の紙片形状に折り畳みした後、紙片5を内側に折り込むように巻き三つ折りにすることで往信用はがきとして形成され、異なる折り方で返信用はがきとして形成される。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):