(54)【考案の名称】浴室構造及び建物

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、浴室構造及び建物に関する。

【従来の技術】

【0002】
一般的に、建物内に設けられる浴室は、四方を側壁で囲まれており、側壁の一部に開閉可能に設けられたドアを介して、隣接する脱衣室等からの出入りが行われる。ここで、浴室としてユニットバスを用いて、ユニットバスに隣接する隣接空間との一体化を演出し、使用する者に開放感を与えるようにしたものがある(例えば、特許文献1参照)。
【0003】
特許文献1のユニットバスの構造は、隣接空間と床面及び天井の高さを同一とし、隣接空間との間仕切りにガラスを用いることにより、ユニットバスと隣接空間とを擬似的に一体化させ、開放感を得られるようにしている。
【0004】
しかし、特許文献1のユニットバスの構造は、ガラス間仕切りが固定されたものであり、浴室としての物理的な広さは変わらないため、浴室の面積は狭いままで、本当の開放感を得ることが難しかった。

【効果】

【0015】
本発明は、上記構成としたので、浴室の利用時に実質的な空間の利用面積の増加及び本当の開放感が得られる。

(57)【要約】

【課題】浴室の利用時に実質的な空間の利用面積の増加及び本当の開放感が得られる浴室構造及び建物を得る。【解決手段】浴槽34が設けられた浴室18と、浴室18へ入退室するためのドア38と、浴室18を区画し、開閉可能な仕切板40とにより、浴室構造41が構成されている。浴室18を利用しないときは、ドア38と仕切板40が閉止され、閉止部材50でロックされている。一方、浴室18において入浴するときには、ドア38を開放してロック部材52でロックし、仕切板40を開放してロック部材54でロックする。浴室18では、ドア38及び仕切板40の開放により洗面室16まで空間が広がるため、浴室18が広がった感覚が得られ、閉塞感が抑えられることで、開放感が得られる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):