(54)【考案の名称】多用途見開き体

(73)【実用新案権者】有限会社イープラン

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図4

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、ポップアップ式冊子に関する。

【従来の技術】

【0002】
従前のポップアップ式冊子は、収蔵した図柄を立体状構成態に変化させ、鑑賞時に感動を喚起させる利点を持っている。

【効果】

【0005】
本考案の多用途見開き体は、収蔵したカード用ホルダーに、利用するカードを選択して挿入することで、当該多用途見開き体の用途を広く設定でき、当該カードを入れ替えることで、当該多用途見開き体の内容や用途を変えることができる。さらに当該カード用ホルダーと、挿入するカードに相応しい演出用装飾を施した周辺装飾用シートとを、ポップアップ機構で立体状空間構成態に形成させることで、利用するカードを相応しい演出装飾を持つ多用途見開き体のカード用ホルダーに挿入して、当該多用途見開き体を見開いた時に、感動を喚起する立体式多用途見開き体となる。当該カード用ホルダーに写真を挿入すると、立体式写真ボードに成り、もしくは写真や画像カード等に加えてメッセージの文面シートを挿入すると、立体式グリーティングカードに成る。次に複数の多用途見開き体を張り合わせることで、多用途見開き体の自由な組み合わせと増設ができる冊子の用途を供し、取り外し可能な圧入クリップ装具を用いて接合して構成した冊子では、多用途見開き体を自由に組み替え、差し替え、割り込ませることができる。前記冊子を用いて、当該冊子のカード用ホルダーに写真を挿入すると、立体式アルバムルと成り、もしくは前記冊子に挿入した写真や画像カードの内容を自作ストーリーにして文面シートとし、当該見開き頁のカード用ホルダーの一部に挿入すると、自家版の立体式物語本に成る。次に前記多用途見開き体の見開き頁、もしくは前記冊子の見開き頁を開いて形成させた立体状空間構成態を、保持装具を用いて保持し、陳列して、写真を挿入して用いると、立体式フォトフレームと成り、もしくは画像カード等を挿入して用いると、立体式インテリア装飾体と成る。上記により、本考案の見開き体は、利用用途を広げ、内容を変化させ、利用者が創意を活かせる効果を持つ。

(57)【要約】

【課題】立体的に飛び出す図柄を鑑賞することに用途が限られていたポップアップ式冊子の利用用途を広げる、多用途見開き体を提供する。【解決手段】多用途見開き体1にカード用ホルダー3を収蔵して、用途に合わせて選択したカードを挿出入し、ポップアップ機構6で、当該カード用ホルダー3と、挿入するカードに相応しい演出用装飾を施した演出装飾7を、立体状空間構成態に変化させることで、立体式グリーティングカード、立体式写真ボード、又は立体式パンフレット等の用途に供する。また、多用途見開き体1を連結して冊子とすることで、立体式アルバム、又は自家版の立体式物語本等の用途となり、更に保持装具を用いて、陳列することで、立体式インテリア装飾体23、又は立体式フォトフレーム、等と成り、用途を拡大できる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):