(54)【考案の名称】秘匿式源泉徴収票

(73)【実用新案権者】株式会社エヌネット

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、個人情報として秘匿される源泉徴収票の技術分野に属するものである。

【従来の技術】

【0002】
一般に、秘匿情報として暗証番号や預金残高等の他人に知られたくない秘匿すべき情報がある。そしてこのような秘匿情報として源泉徴収票があるが、これを特定人に伝達する手段として、従来は、情報が記載された源泉徴収票自体を、事業者が直接本人に手渡しするか、封筒内に挿入密封して郵送するのが一般的である。ところで秘匿情報を剥離可能な剥離紙で密封した葉書様式にして郵送することが試みられている(例えば特許文献1参照)。

【効果】

【0005】
請求項1の考案とすることにより、一つの葉書で2通の源泉徴収票を秘匿状態で送付できることになって、作業が簡単になるだけでなく、郵送コストも低減する。
請求項2の発明とすることで、分割紙を見開きにした状態で源泉徴収票を見た場合に、何れも同じ向きを向いているため、違和感がなく見やすいものになる。

(57)【要約】

【課題】個人の秘匿情報である源泉徴収票を秘匿状態で郵送する。【解決手段】葉書2枚分の大きさの主紙1と、該主紙の中央部分に、2枚の葉書の大きさの分割紙2に折り畳めると共に切り離し可能となるよう設けられたライン部3と、前記分割紙2を折り畳んだときに互いに内側となる面にそれぞれ印刷された秘匿情報である源泉徴収票4が印刷された印刷部と、前記分割紙2を折り畳んだときに形成される表面に送付先本人の住所、氏名等の郵送先情報5が印刷された印刷部と、前記折り畳まれた分割紙の内面を剥離可能に接着する接着剤6とからなり、一度に2枚分の源泉徴収表を秘匿状態で郵送できるようにした。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):