(54)【考案の名称】表示具

(73)【実用新案権者】モリト株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、表示具に関し、特に見掛けがメタルプレートそっくりの表示具に関する。本明細書において、表示具としては、ネームプレート、ワッペン、シール、ラベル等が含まれる。

【従来の技術】

【0002】
従来、衣服・カバン・自動車の床マット等に、装飾やメーカー名・商標表示等の目的でメタルプレートが用いられている。メタルプレートは、重厚感があって、高級感を醸し出すのに役立っている。本出願人もそのようなメタルプレートの出願を行ったこともある(下記特許文献1参照)。

【効果】

【0008】
本考案請求項1,2の表示具は、アルミフィルムの芯材を有するので、重量の点を除き、感触が金属に近くなる。また、金属光沢を有するように彩色されているので、見掛けはメタルプレートそっくりとなる。また、少なくとも1個所でリベットで固定されるので、さらに見掛けがメタルプレートそっくりとなる。それにも拘わらず、実態は軟質樹脂であるので、非常に軽量である。金属固定具を使用しても、この程度の大きさであれば、重量を増やすことにならず、検針器にも反応しないので、問題とはならない。

(57)【要約】

【課題】見掛けがメタルプレートそっくりの軟質樹脂製の表示具を提供する。【解決手段】アルミフィルムの芯材21を軟質樹脂22で上下及び側部において被覆してなり、金属光沢を有するように彩色され、少なくとも1個所で金属固定具4で生地3に対して固定されている。軟質樹脂22はウレタン樹脂であるのが好ましく、金属固定具4はリベットであるのが好ましい。金属光沢を有するプラスチック用の塗料は塗料会社から市販されており、それらを適宜選択して使用することができる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):