(54)【考案の名称】巻紙便箋

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【効果】

【0003】
枚数も関係なく、手紙文章の長さを気にかけることもなく手紙を書くことが出来る。しかも、封筒巾に折りたたんであるために、巻きなおして封筒の巾を計りながら、たたむ手間がない。

(57)【要約】

【課題】現代でも、昔のように巻紙で手紙を書きたいものである。しかし、巻紙では、ボールペンでは書けない上に、封筒に合わせて巻きなおし、折りたたむのはめんどうである。一方、便箋だと文字数や枚数に気をつけなくてはならず、不便なことが多い。【解決手段】現代の筆記用具で書ける便箋用紙を、巻紙仕上げにする。そして、初めから手紙用封筒のサイズに合わせて、ペタンと折りたたんでおく。書き終えたところで切れば、文章量、紙の長さも気にせず手間もかからないで封筒に入れることができる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):