(54)【考案の名称】左官用鏝収容具

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図8

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、左官用鏝収容具に関し、より詳細には、壁面や床面等を形成するためにセメント、コンクリート、モルタル、漆喰、泥等のようなスラリー(懸濁)状の塗着物を塗着するのに左官が用いる鏝(左官用鏝)を収容する収容具に関する。

【従来の技術】

【0002】
左官が用いる鏝(こて)は、セメント、コンクリート、モルタル、漆喰、泥等のようなスラリー状の塗着物を塗ったり平らにならしたりするのに広く用いられている(例えば、特許文献1参照)。
特許文献1には「合成樹脂製の鏝板を備えた、モルタルや土壁を仕上げる左官鏝を、鏝板が変形しにくいものとする」(要約中の課題)ために発明されたものであり、具体的には、「長手方向に延びる背板をインサートさせて、合成樹脂製の鏝板を成型する左官鏝において、鏝板の後端付近から鏝板の前半部中間位置まで広幅の背板主体部を形成し、該背板には、背板主体部の前端から鏝板の前端付近に達する細幅のリブを延長させたことを特徴とする左官鏝」(特許請求の範囲、請求項1)が開示されている。さらに、「背板主体部2aの上面には、把手5を固定するために二本の連結杆6が固定してある」(段落番号0012後段)とあるように、特許文献1に開示の左官用鏝を含め従来の左官用鏝は、鏝板(特許文献1中、鏝板1)と、鏝板の一面から突出するように形成された連結部(特許文献1中、連結杆6)と、連結部により鏝板と連結される柄(特許文献1中、把手5)と、を有してなる左官用鏝が一般的である。
鏝板と、鏝板の一面から突出するように形成された連結部と、連結部により鏝板と連結される柄と、を有してなる左官用鏝は、柄を左官が手で把持し、鏝板の塗着面(連結部が突設された面とは反対側の面)によってセメント、コンクリート、モルタル、漆喰、泥等のようなスラリー状の塗着物を塗ったり平らにならしたりして塗着することに用いられる。
【0003】

(57)【要約】

【課題】塗着物が付着した左官用鏝を携帯する際、左官用鏝に付着した塗着物が周囲の物に付着し汚れることを防止又は減少させることができるものを提供する。【解決手段】鏝板と、鏝板の一面から突出するように形成された連結部305と、連結部により鏝板と連結される柄307と、を有してなる左官用鏝301の鏝板を収容する左官用鏝収容具であって、鏝板を収容する内部空間27と、鏝板が該内部空間に挿入される一端側に形成された一端開口29aと、を有する中空筒形状の本体部と、本体部の該一端側の縁部25aに形成され、鏝板が該内部空間27に挿入された状態の連結部が係合する切り欠き部と、を備えてなる、左官用鏝収容具である。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):