(54)【考案の名称】ミシン目とリング穴を備えた機能拡張性の高い付箋

(73)【実用新案権者】株式会社ビックリマーク

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は折り曲げ・切り離しを可能にするミシン目と、一般的なシステム手帳リング規格・バインダーリング規格に準拠した1対以上のファイリング用のリング穴を備えた付箋に関する。

【従来の技術】

【0002】
付箋はその片面の端部に粘着部を持たせて貼り付けを可能にすることで、本や書類の目的のページ等を物理的にマーキングする目的で使用されるほか、主として一時的に付箋に書き込んだメモ内容を保持・貼付しておく目的で使用される。

(57)【要約】

【課題】メモ書きされ一時的にいずれかの場所に貼り付けられた付箋を、システム手帳やバインダーにファイリングすることで、保存や反復的な閲覧を可能にする。【解決手段】付箋の片端付近に、折り曲げや切り離しを目的とした「ミシン目」と、この「ミシン目」によって線対称となる位置にファイリング用の1対以上の「リング穴」を設ける。これによりまずミシン目に沿って付箋の片端を折り曲げ、あるいは切り離すことで付箋の粘着部を無効化し、次いでリング穴によって付箋そのものをシステム手帳や専用のファイルにファイリングできるようにする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):