(54)【考案の名称】透かしタックシール

(51)【国際特許分類】

G09F 3/02 ・形状 構造

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本発明はタックシールに、模様、及び文字を淡彩色の透かし加工製造するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来透かし加工品においては、裏面に粘着剤塗工のされて無い用紙に加工されている。
これらの事は紙幣等から一般に知られて居る。

【効果】

【0005】
本発明は、タックシール特有の用途業種類多大である同時に、模造品対策のセキュリティ用途、さらに固有の自己表現と、偽造防止用途につながる。

(57)【要約】

【課題】任意の絵柄、模様及び文字を透かしとして表現できる淡彩色透かしタックシールであり、印刷表現不可の固体に、接着対処をする事により製品の模造対策のセキュリティ用途に役立つ。【解決手段】一般印刷インキ粘度と同等の印刷適応含浸剤インキを用いて、印刷用版材を印刷機に設置し、機械を回転させ被加工紙、タックシール紙に透かしを形成させる。タックシール原紙7をセットし,機械が回転すると、含浸剤インキ6が印刷版材5に転着し、機械が回転するとタックシール紙7に透かし含浸剤インキが転写され、透かし1を形成する。連続して切刃具8によって任意の寸法に仕上がる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):