(54)【考案の名称】野球・ソフトボール用スコアシート

(73)【実用新案権者】株式会社フィールドフォース

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、野球・ソフトボールの試合において、十分な設備のないグラウンドでもストライク、ボール、アウトのカウントやチーム名と各回の得点、合計点を簡単に表示することのできるスコアシートの構造に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
設備の整った野球場には立派なスコアボードが常設されており、審判員の判定内容が速やかに表示され、プレーヤーや監督・コーチのみならず、観客に対しても試合の進捗状況が的確に伝達され、試合進行の迅速化、円滑化が図られている。一方、少年野球、中学野球、草野球・草ソフトチーム等が試合を行う場合は、学校の校庭や河川敷などで行われることが一般的で、多くの場合は、満足できるスコアボードの設備が準備されていない。そのため、キャッチャーやバッターが度々審判にカウントを確認したり、2アウトなのに野手たちが上がって来てしまったりといったことに代表される光景がしばしば見うけられ、試合の円滑な進行が図れないことも多く、観戦している人たちにも臨場感が伝わりづらくなってしまっている。
【0003】
このような環境の中でも何とか野球の試合を楽しみたいと、スコアボードに関しての様々な考案が、多くの野球人たちによってこれまでなされて来た。少年野球、中学野球、草野球・草ソフトのチーム等が学校の校庭や河川敷などで試合を行う場合、電源供給の問題や電気式スコアボードの価格的な問題などから、より簡便で実用的な商品が考案されている。電源を使用しないスコアボードの公知技術としては、下記のようなものが上げられる。
【0004】

【効果】

【0015】
本考案によって作成された野球・ソフトボール用スコアシートを使用して試合した場合の効果は下記のようである。
この野球・ソフトボール用スコアシートは携帯性、収納・保管性に優れているので、学校の校庭や河川敷などどこにでも簡単に持ち運ぶことができる。駐車場から遠いグラウンドの場合でも小学生が一人で楽に運ぶことができるし、狭い車の荷台や押入れの中にも楽に収納保管することができる。
【0016】
支柱パイプ同士を差し込んで組み立てたフレーム部に、マジックテープ(登録商標)によってカウントと得点を表示するスコアシートを取り付け固定するという簡便な構造であるため、いたって簡単に小学生でも一人で組み立てたり分解したりすることができる。
また、表示作業も簡便である。透明プラスチックシート表面には好みの大きさと太さで得点を表示することができ、軽くふき取るだけで、それをきれいに消し去ることができるし、
ストライク、ボール、アウトのカウントは、マジックテープ(登録商標)により各色円形パーツを貼付することにより表示することができる。
【0017】
組み立てられたスコアシートは、コンパクトな収納形状からは想像できないほどの大きさとなる。スコアシート装置の大きさは、少年野球で使うか草野球で使うかによっても変わってくるが、企画時点でのサイズ仕様の変更は容易に可能である。いずれにしても外野や観戦席からでもカウントや得点を容易に確認できる表示サイズということである。
【0018】
柔軟性と復元剛性とを兼ね備えたフレーム部は風を受けたシートの荷重をしなってかわし、広範に地面に展開した基部支柱の踏ん張りによってすぐに復元する。風に逆らうのではなく、風と共存する発想であるため、時によっては幾分の自立位置の修正は必要である。
【0019】
表示部をボードではなくシートにしたこと。表示部が軽量化されたため、それを支える支柱も簡易化されたこと。表示方法がいたってシンプルなこと。その結果、生産工程も大きく効率化が図れること。 そのためこの考案は、同等の仕事をこなす他のスコアボードに比べ、その製品コストを大きく抑えることに成功し、予算の少ないチームでも無理なく購入することが可能となった。
【0020】
この考案によって、いままで十分なスコアボードを使用することがでず、試合の進行などに支障をきしていたチームが、試合を迅速かつ円滑に進めることが可能となった。
また、カウントや得点の詳細が分からず、いまひとつ臨場感が味わえなかった観戦している人々も、試合の詳細が分かることで、より興味を持って試合の観戦ができるようになった。

(57)【要約】

【課題】携帯・収納性、設置やメンテナンスの簡便さ等を改善し、手軽に使用でき、しかも効果的な携帯式スコアボードを提供する。【解決手段】スコア部の表示パーツはマジックテープ(登録商標)を使用して簡単着脱式にし、各回別の得点表示部はプラスチックシートに水性マジックを使用することにより、書き込み、消し去りを容易簡便なものにした。スコアや得点表示部のシートは任意の箇所で幾重にも折り畳む事ができ、短い支柱に分解できるフレーム部と一緒にキャリーケースに収納し、移動性能と保管性能を向上させた。柔軟性と復元剛性を備えた支柱は、シート部に受けた風をしなって後ろへかわすことができ、一定の風に対しての適応力を確立した。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):