(54)【考案の名称】貼替え防止ラベル

(73)【実用新案権者】株式会社佐々木印刷

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、価格表示ラベル等のように商品等に貼り付ける粘着剤を備えたラベルであって、そのラベルが不正に貼替えられることを防止するようにした貼替え防止ラベルに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来から、個々の商品等に貼り付けた価格表示ラベルを悪意で張り替え、正規の値段を偽って購入する等の不正行為が発生し、スーパー、デパート、小売店等で大きな問題となっている。このような不正行為を防止するラベルとしては、ラベルの一部に切込を設けたもの、ラベルの材質に脆弱な基材を用い、剥すとそのラベルが破れるようにしたもの、又は最上層の用紙が擬似接着剤で付着された三層構造であって最上層の用紙を一度剥がすと再び付着することができないようにしたものなどがある。
【0003】
また、特許文献1に記載されているものは、表面基材の片面に施された粘着剤層に着色剤が含有され、表面基材側から粘着剤層にかけて切り込みが形成されてなる貼替え防止ラベルであり、粘着ラベルを剥そうとしたとき、粘着剤層から切り込みに沿って着色剤が染み出ることにより、切り込み部に着色が発現し、その着色を目視などで検知することにより、粘着ラベルを剥そうとした事実を知ることが可能とされ、これによって不正行為を防止するようにしたものである。

【効果】

【0010】
本考案の貼替え防止ラベルによれば、ラベル基材の裏面に施された粘着剤による表示が該ラベル基材の表側から透視可能とされるため、ラベル基材の表側から、ラベル基材の裏面の粘着剤による表示が透過して見え、他のラベルとの差別化を図る等の宣伝効果を発揮することができ、その粘着剤による表示を工夫することによって、ラベル全体の意匠性を向上することが可能となる。
【0011】
また、本考案の貼替え防止ラベルによれば、ラベル基材の裏面の粘着剤を被貼着面に貼り付けて剥がしたとき、ラベル基材の裏面の粘着剤のうち、被貼着面に付着した残りの粘着剤がラベル基材の裏面に残留するため、この剥がしとったラベルを別の商品等の被貼着面に付着すると、ラベル基材の裏面に残留した粘着剤による表示が表側から透過して見え、外観的には、部分的に欠損した不完全なものであることが一目で分かるため、このラベルが不正に張り替えられたものであることが判別可能である。
【0012】
さらに、本考案の貼替え防止ラベルにおいては、ラベル基材の裏面から粘着剤がすべて離脱して被貼着面に付着し、ラベル基材の裏面に残留しないものとすることも可能であり、この場合、ラベル基材の表面の表示のみが外方から目視できるだけで、裏面の表示が目視できないことから、やはり、このラベルが不正に張り替えられたものであることが判別可能となる。

(57)【要約】

【課題】購買者の不正行為を防止するために、ラベルの張替えを容易に検知できるラベルであって、意匠性にも優れた貼替え防止ラベルを提供する。【解決手段】透明又は半透明のラベル基材2の裏面に着色剤を含有した粘着剤5によって文字、記号又は図形等の表示がなされ、前記ラベル基材2の裏面に施された粘着剤5による表示(裏面の表示3)が該ラベル基材2の表側から透視可能とされると共に、該ラベル基材2の裏面の粘着剤5を被貼着面6に貼り付けて剥がしたとき、前記ラベル基材2の裏面の粘着剤3が全部又は部分的に前記被貼着面6に付着することによって該ラベル基材から全部又は部分的に離脱するようにした。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):