(54)【考案の名称】傘

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、傘に関する。特に、傘を開いたときの傘生地の形状に関する。

【従来の技術】

【0002】
傘をさしたとき、肘下の長さ分程度身体の中心から離れて傘を持つことになるため、従来のほとんどの傘は傘生地が円形で、且つ中棒が傘生地の中心に配置されているので、傘生地が身体をカバーする配分は、前方は大きく、後方は小さくなってしまう。
【0003】
したがって、前述のように傘を自然な状態で持った場合、傘生地が身体の背中の部分もカバーするのに十分なほど傘生地が大きくないと身体の一部、特に背中の一部が雨に濡れてしまうという不都合な問題があった。
【0004】
一方、傘全体の大きさ、特に傘生地の面積を単純に大きくすれば、どのように傘を持っても身体が濡れないようにできるであろうが、その分、傘の重量が増加し、傘をさすのにも、持ち運ぶにも不便である。さらに、傘生地の面積が大きくなればなるほど、風にあおられる面積が逓増する関係で、同じ強度の骨組の傘であっても相対的に風に対して弱くなってしまう。また、傘をさしたときに、傘の横幅が広くなるため、他の通行の迷惑になるという問題もあった。

【効果】

【0014】
本考案の一実施形態によれば、人が傘を自然に持った状態でも身体の一部、特に背中の部分を濡らすことのない傘を、傘全体を大型化することなく提供できるため、傘全体を大きくすることによって身体が雨に濡れないようにする傘よりも、相対的に重量が軽くてさしやすい傘を提供することが可能となる。また、傘の横方向の幅は縦方向の幅に比べて短いため、傘をさしたときに傘全体を大きくする傘に比べて他の通行人の迷惑にならない。
【0015】
さらに、傘の骨が少なくとも16本以上のため、多少の突風が吹いても、傘生地があおられてひっくり返ることのない程度の十分な強度を有することが可能となる。さらに、傘の骨が少なくとも16本以上とすると、本考案による傘生地は、一般的な傘生地の円形の形状と異なり、傘生地を拡げたときの平面形状が、半円と前記半円の直径と同じ長さの短軸からなる半楕円の形状とを、直径と短軸とが向き合うように組み合わせた形状からなり、一般的な形状の傘生地とは異なる形状であっても、傘を拡げたときの形状が一般的な傘と同様の丸みのある美しい形状を確保することが可能となる。
【0016】
さらに、石突の先端から手元の最も石突から離れた点までの長さを標準的な体型の人が持ち運びしやすい長さに抑えることが可能となる。
【0017】
さらに、親骨および/または受骨が繊維強化樹脂からなるため、丈夫で軽い傘を提供することが可能となる。

(57)【要約】

【課題】雨に身体の一部特に背中が濡れにくい傘を提供する。【構成】傘生地が、それを拡げたときの傘生地の平面形状を半円と前記半円の直径と同じ長さの短軸からなる半楕円の形状とを直径と短軸とが向き合うように組み合わせた形状となるように形成され、平面形状のうち半楕円の短軸と長軸の交点に中棒が配置された傘を提供する。これにより、傘を単純に大型化することによって生じる取り扱いの不便さを回避しつつ、傘を自然に持った場合においても身体の一部、特に背中の部分が濡れにくく、なおかつ従来の傘と変わらない美しい形状の傘を提供できる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):