(54)【考案の名称】太陽エネルギーによる給電装置

(73)【実用新案権者】友▲しゅあん▼科技實業股▲ふん▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、給電装置に関し、特に太陽エネルギーによる給電装置に関する。

【従来の技術】

【0002】
普通、戸外で作業または活動を行う時、携帯電話や、CDプレーヤー、電動道具などの給電手段として電池を使用することが多い。また、前記電池の電力が切れる場合に備えて、通常、一次電池を多数個持つか、或いは再充電できる二次電池を使用する、図7に示すような別体の蓄電装置を給電手段として使う(特許文献1)。
【0003】
しかしながら、一次電池を多数個持つ方式では、実際は、時々用意した電池が使い切れで断電になり、使用に不便である。
【0004】
一方、図7に示すような別体の蓄電装置を使用する場合、再充電はできるとは言え、再充電に商用電源が要るため、家やオフィスに帰ってから始めて行えるので、一次電池のように高価な二次電池を他に予備に持たなければ、やはり断電の虞れがある。
【0005】
ところで、現状では、太陽電池を利用する電気機械があるが、太陽電池は電気機械それ自体に載せられているので、電気機械を太陽エネルギーにより作動させようとする場合、電気機械全体をわざわざと収納場所から日光の下に取り出さなければならないので、電気機械の給電手段として始動する時に蓄電量が小であってミニ装置にしか使われていない。

【効果】

【0008】
前記構成の太陽エネルギーによる給電装置は、電気機械から軽便な別体となっており、且つその太陽エネルギー発電手段が帽子体に取り付けられているので、防暑のほか、戸外での作業中または活動中にいつでも充電されうるので、断電の虞れがなくて予備の二次電池や充電手段の用意が必要でない上、電気機械の給電手段として始動する時、充電過小の虞れもないので、使用に非常に便利である。

(57)【要約】

【課題】太陽エネルギーを利用し、且つ戸外の作業中または活動中にいつでも充電できて断電の虞れも電気機械の給電手段として始動する時、充電過小の可能性もない、太陽エネルギーによる給電装置を提供する。【解決手段】頭に被るための帽子体と、前記帽子体に取り付けられている上、頭の上から太陽エネルギーを吸収して電力に変換することができるように構成されている太陽エネルギー発電手段と、二次電池から、前記太陽エネルギー発電手段から電力を受けて充電され、且つ給電をすることができるように構成されている蓄電手段とを備えている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):