(54)【考案の名称】印刷シート及び同印刷シートを用いた名刺

(73)【実用新案権者】有限会社文化プロセス

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、表面に印刷面を形成するとともに裏面に粘着面を形成した印刷シート及び同印刷シートを用いた名刺に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来より、コンピュータの普及に伴って、コンピュータに接続したプリンターを用いて専用の用紙で宛名用のラベルや名刺を容易に作成することができるようになった。
【0003】
たとえば、宛名用のラベルは、表面に印刷面を形成するとともに裏面全面に粘着力の強い粘着面を形成した印刷シートを台紙に複数枚並べて粘着した構成の用紙を用いることで容易に作成することができ、また、名刺は、表面に印刷面を形成するとともに裏面全面に粘着力の弱い粘着面を形成した印刷シートを台紙に複数枚並べて貼着した構成の用紙を用いることで容易に作成することができる(たとえば、特許文献1参照。)。
【0004】

【効果】

【0009】
そして、本考案では、以下に記載する効果を奏する。
【0010】
すなわち、本考案では、印刷シートを左右中央部で裏面側に折り曲げるだけで袋状の構造とすることができ、表面に好みの画像や文字を印刷した封筒や箸入れなどの袋状の物を容易に作成することができる。
【0011】
しかも、右辺側縁部に凹部を形成しているために、袋状に形成した物の開封を容易なものとすることができる。
【0012】
特に、名刺を袋状に形成した場合には、表面に会社名や氏名などの秘匿性のない情報を印刷しておき、個人の携帯電話番号やメールアドレスなどの秘匿性の高い個人情報を印刷した別紙を袋内部に入れて特定の相手にだけ手渡すことができたり、或いは、抽選くじや特選情報などを印刷した別紙を袋内部に入れて特定の相手にだけ渡すことができ、名刺の活用範囲を広げることができる。

(57)【要約】

【課題】封筒や箸入れなどの袋状の物や袋状の構造の名刺を容易に作成することができる印刷シートを提供する。【解決手段】四角形状の印刷シート1の表面に印刷面2を形成するとともに、印刷シート1の上辺側縁部及び下辺側縁部の裏面にだけ粘着面5,6を形成し、印刷シート1の右辺側縁部に凹部11を形成することにした。また、印刷シート1の上辺側縁部と下辺側縁部の粘着面5,6で接着した袋状の構造の名刺を形成することにした。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):