(54)【考案の名称】給電可能な収納装置

(73)【実用新案権者】友▲しゅあん▼科技實業股▲ふん▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、収納装置に関し、特に給電手段としても機能できる収納装置に関する。

【従来の技術】

【0002】
普通、戸外で作業または活動を行う時、給電手段として発電機と蓄電池を使用することが多い。しかしながら、発電機は、体積が大型で携帯され難いばかりでなく、燃料油を使わなければならいことも一般、環境保全へのアピールに応えられない。また、発電機に比べてあまり環境を汚染しない蓄電池が、電力が切れると、戸外で常に商用電源の充電源があるわけではないので、給電の安定を図るために多数個を持っていて交換に備えるようにする。しかし、多数個の蓄電池を持つと、戸外での作業または活動の軽便性を損なってしまう欠点がある。

【効果】

【0005】
前記構成の収納装置は、道具または他の物を収納する上、給電手段としても機能することができ、それに、太陽エネルギー発電をも充電源として利用することにより給電の安定性と軽便性とを兼ね備えるため、戸外で作業または活動をする方にとってはかなり便利である。

(57)【要約】

【課題】給電手段としても機能できる上、給電の安定性と軽便性とを兼ね備える収納装置を提供する。【解決手段】その内部に収納空間を有する収納手段1と、外から太陽エネルギーを吸収して電力に変換する太陽エネルギー発電手段2と、前記太陽エネルギー発電手段から電力を受けて充電され、且つ給電をすることができるように前記収納空間の一部に設けられている蓄電手段3とを備えていて該収納空間の残っている空間が物を収納するための空間とされる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):