(54)【考案の名称】推進用ヒューム管の継手構造

(73)【実用新案権者】前田製管株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、地中を推進する推進用ヒューム管の継手構造に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、地中を推進する推進用ヒューム管の継手構造としては、管軸方向の一方端部に継
手カラーを固定し、他方端部にスピゴット部を形成して、前記継手カラーとスピゴット部
とを1本のゴム輪を介して接合する構造のものと、所定の間隔をおいて配置した2本のゴ
ム輪を介して接合する構造としたものとがある。
【0003】
2本のゴム輪を配置した継手構造のものは、1本のゴム輪を配置したものと比較して二
重に止水できるので止水性能が優れていると言えるが、より一層高性能の止水性を確保す
るために、2本のゴム輪と継手カラーとで形成される中空部にスピゴット部の管内から止
水剤を充填する構造としたものがある。
【0004】
しかし、前記2本のゴム輪を所定の間隔をおいて配置した継手構造にあっては、継手カ
ラー内に嵌合するスピゴット部の管軸方向の長さには自ずと制約があるため、前記スピゴ
ット部の外周に設置する各ゴム輪の幅の大きさにも限度があり、幅狭のものが一般的であ
る。そのため、推進用コンクリート管を曲線推進する際にめくれたり、更には継手部から
抜け出るといった事態が生じる虞がある。このような場合には、ゴム輪とゴム輪との間の
中間部に充填した止水剤が外部に漏出してしまい、止水機能が十分に発揮されないといっ
た問題点が発生する。
【0005】

【効果】

【0009】
前述の請求項1に記載の考案にあっては、一対のゴム輪を連結ゴム帯輪を介して相互に
連結した構成からなる一本のゴムリングが前記継手カラーとスピゴット部との間に装着さ
れることで、それぞれ独立した状態で機能する一対のゴム輪の部分と、更に一対のゴム輪
間を連結する連結ゴム帯輪と継手カラーとで形成される中空部に充填した止水剤の部分の
計3箇所でそれぞれ止水することが出来るとゝもに、一本のゴムリングであるため幅広の
ゴムリングとすることが可能となることで、コンクリート管が曲線推進する際のめくりや
継手部からの抜け出しの防止が図られる。
【0010】
また、前述の請求項2に記載の考案にあっては、前記スピゴット部に形成した前記注入
孔が周方向に所定の間隔をおいて複数箇所に形成され、該注入孔の前記連結ゴム帯輪の凹
状部に開口する出口が周方向に拡大する平面視が楕円形の構造を有することで、注入孔の
出口から中空部へ出た止水剤・滑剤の円周方向への行き渡りが容易となり、止水剤・滑剤
の充填作業の迅速化が図られる。
【0011】
そして、請求項3に記載の考案にあっては、前記ゴムリングの内周部が前記スピゴット
部の外周に埋め込まれている構造とすることで、ゴムリングが最も抜け出し易い状況とな
るコンクリート管の曲線推進する際の抜け出し及びめくりが防止される。また、請求項4
に記載の考案にあっては、前記ゴムリングを構成する一対のゴム輪がそれぞれ中空の中空
ゴム輪であり、該中空ゴム輪の外周面にそれぞれ複数の突起が起立突設した構成とするこ
とで、全体が弾力性を有しており、コンクリート管の継手カラーとスピゴット部との嵌合
が容易になるといった効果を奏する。

(57)【要約】

【課題】ゴムリングが最も抜け出し易い状況となる推進用コンクリート管が曲線推進する際の抜け出し及びめくりを防止可能とした継手構造を提供する。【解決手段】管軸方向の一方端部に固定した継手カラー2と、他方端部のスピゴット部4をゴムリング5を介して接合する推進用ヒューム管の継手構造であって、前記ゴムリングが、一対のゴム輪5Aを連結ゴム帯輪5Bを介して相互に連結した構成の前記ゴムリングを前記継手カラーとスピゴット部との間に装着することで、前記連結ゴム帯輪の外周面の凹状6と前記継手カラーの内周面との間に形成される中空部に向け滑剤及び又は止水剤を管内から注入可能な注入孔9を前記スピゴット部に形成した構造。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):