(54)【考案の名称】背中マッサージ器具

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、一個のローラーを取付けた円弧状の背中部位をマッサージするための器具に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
自身で背中部位をマッサージする際、片手で操作するローラー式、又は、突起部を操作して刺激する器具、あるいは両手で操作する器具でも、複数のローラー又は、球体を使用していた。

【効果】

【0005】
上述の様に、本体を円弧形にする事により、体型を選ばず使用可能で、両手で操作するため力が軽減できる。又、一個のローラーを組み込む事と、耐久性のある硬質素材にする事により、背中の意図する部位を的確に捉える事が可能となる。更に、背中の広範囲の部位に対応可能である。

(57)【要約】

【課題】 本考案は、一個のローラーと円弧状の操作部材を組合せ、自身の背中部位をマッサージする。【解決手段】 一個のローラーを取り付けたローラー部に双方より円弧状の操作部材を結合する。ローラー部は適切の高さを設定し、且つ、円弧状の操作部材は長さ、円弧の曲がり角度、耐久性も適切に設定しているため、体型を選ばず両手での操作が容易になり、一個のローラーが人体の広範囲な背中の意図する部位を的確に自身でマッサージが可能となる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):