(54)【考案の名称】太陽光発電式交流電源装置

(73)【実用新案権者】日本コムシス株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、軽量で、携帯性に優れた太陽光発電式交流電源装置に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来、太陽光発電式電源装置として、銅、インジウム、ガリウム及びセレンの化合物(Copper indium gallium diselenide、以下「CIGS」と称する。)等を使用した薄膜太陽電池よりなる、薄く、軽く、柔軟性に富んだ太陽電池を用いた直流出力の電源装置が携帯電話の充電等の用途に用いられてきた(例えば、非特許文献1参照。)。なお、太陽電池とは、太陽電池素子を用いて発電を行う装置であり、太陽電池素子を必要枚数集めて樹脂等で保護した太陽電池モジュールや太陽電池パネルを含む概念である。
【0003】
また、交流出力の太陽光発電式電源装置として、太陽電池、インバータ及び蓄電池を電気回路的に組み合わせ、太陽電池が発電した電気をインバータにより交流電力に変換し交流電源として用いるとともに、発電した余剰電力を蓄電可能とした電源装置が用いられてきた(例えば、特許文献1、非特許文献2参照。)。

【効果】

【0008】
本考案の太陽光発電式交流電源装置によれば、太陽電池で発電した直流電力を電力変換部により交流電力に変換するので交流電力の供給が可能となる。また、本考案にかかる太陽光発電式交流電源装置は太陽電池を巻取り可能な巻取り部材を有するので、太陽光発電を行わない場合、又は、装置を運搬する場合等には、太陽電池を巻取り部材に巻取ることにより収納、運搬を容易に行うことが可能となる。また、太陽電池を巻取り部材に巻取っておくことで、衝突等による太陽電池の破損を防止することができる。
【0009】
ここで、太陽電池と巻取り部材とをネジやコネクタ等の接続部材により連結し、脱着可能とすれば、太陽電池が破損した場合等に、太陽電池のみを交換するだけで引き続き交流電源装置として使用することが可能となり、便利である。
【0010】
また、巻取り部材の内部に、電力変換部に接続された蓄電池を設け、蓄電池に太陽電池が発電した電力を充電しておくことにより、悪天候時又は夜間等、太陽光発電が行えない条件下においても、電源装置として使用することが可能となる。また、該蓄電池は巻取り部材内部に設けられているので、装置の収納、運搬時に邪魔になることは無い。
【0011】
また、従来の太陽光発電式電源装置では、太陽電池の性能、面積により、一台あたりの電源装置が出力可能な電力が決定されてしまうため、使用容量が出力可能な電力を超える電気製品に使用できず、柔軟性を欠くという問題があるところ、本考案では、巻取り部材に、本考案にかかる太陽光発電式交流電源装置と他の電源装置とを連結して使用可能とする連結コネクタを設けることにより、複数の電源装置を連結させて、容易に使用容量の変化に対応することが可能となる。なお、この場合、連結する電源装置としては、本考案にかかる太陽光発電式交流電源装置以外にも、他の発電方式等にかかる電源装置であっても良い。
【0012】
また、巻取り部材の内部に、電力変換部と連結コネクタを接続する直流回路を設け、他の電源装置との接続を直流回路により行うことを可能とすることで、電力変換装置を設けることなく、蓄電池等の直流出力の電源装置と直接的で簡便な接続が可能となる。
【0013】
更に、太陽電池の巻取り部材の形状を円柱状とすることにより、太陽電池を傷つけることなく滑らかに巻取ることが可能となる。

(57)【要約】

【課題】太陽電池により発電した電力を出力する交流電源装置において、装置の収納性、携帯性を向上させるとともに、使用容量の変化に柔軟に対応可能とした太陽光発電式交流電源装置を提供することにある。【解決手段】太陽電池101と、前記太陽電池101を巻取り可能な巻取り部材102と、前記巻取り部材102の内部に設けられ、前記太陽電池101により発電された電気を交流電力に変換する電力変換部104と前記巻取り部材102に設けられ、前記電力変換部104により変換した交流電力を出力する出力部103と、を有する太陽光発電式交流電源装置100である。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):