(54)【考案の名称】皮革を素材とした名刺

(73)【実用新案権者】株式会社もとなが

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、氏名、会社名、役職名、住所等を表示した名刺に係り、より詳細には、通常用いられる紙の代わりに皮革を素材とし、かつ、その皮革の表面に表示される文字や図形の明瞭性や耐久性を向上させた名刺に関する。

【従来の技術】

【0002】
ビジネス上又は各種会合における名刺交換の際には、相手に自分を印象付け、かつ、名前や会社名等を覚えてもらうことが重要である。そのため近年では、名刺に顔写真を貼ったり、名刺のデザインに工夫を凝らしたり、名刺に紙以外の素材(樹脂、金属、木材など)を用いたものなどが実用化されている。
【0003】
また例えば特許文献1のように、印字するインクに蛍光塗料を用いることで、名刺交換の相手に自分を印象付けようとするアイデアなども考案されている。

【効果】

【0012】
本考案によれば、皮革素材(1)の表面へのレーザ光照射によって文字情報(2)や図形情報(4)を焼き付けることで、細かな文字等であっても鮮明・明瞭に皮革素材(1)の表面に表示してやることができる。また焼き付けは印刷のようにインクが皮革表面から剥離する心配もないため、皮革を素材とした耐久性の高い名刺を提供することができる。なおレーザ光照射による焼き付けは一般的な印刷と異なり、スエード、バックスキンのような毛羽立った皮革にも行うことができる。
【0013】
ここで照射するレーザ光の出力調節により焼き付け強度を変化させ、焼き付けに濃淡を表現すれば、顔写真等も皮革素材(1)の表面にリアルに表示した名刺を提供することができる。
【0014】
また皮革素材(1)の表面へのレーザ光照射により、皮革素材(1)の表面に凹み(0.01〜0.1mm程度)が形成されるように焼き付けを行えば、仮に皮革素材(1)の表面(名刺表面)が多少摩耗した場合にも、その表示内容を保持することが可能となる。
【0015】
さらにレーザ光照射により形成した凹み(4)にインクを埋め込んだ名刺としてやれば、焼き付けによる黒色だけでなく、種々の色を用いた文字等の表示が可能となることはもちろん、剥離しにくい状態でインクを皮革表面上に乗せた名刺、又は埋め込んだ名刺を提供することができる。なおレーザ光照射による焼き付けによって形成したこの凹み(4)の両縁は、皮革表面の皮溝を潰すため、インクが皮溝に流れ込むことによるにじみを抑制して、文字等が不明瞭となることを回避することができる。

(57)【要約】

【課題】素材に皮革を採用し、その表面に表示された文字等の明瞭性や耐久性を向上させた皮革を素材とした名刺を提供する。【解決手段】皮革素材1の表面に、レーザ光照射により焼き付けた氏名、会社名、連絡先等の文字情報2や図柄、絵柄、顔写真等の図形情報3を表示してなる名刺である。皮革素材1の表面へのレーザ光照射によって文字情報2や図形情報4を焼き付けるため、細かな文字等であっても鮮明・明瞭に表示することができる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):