(54)【考案の名称】パック式スイング広告板

(73)【実用新案権者】有限会社ピーエスコム

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、紙又は樹脂をフィルムで挟み加熱したものからなるパック式スイング広告板に関する。

【従来の技術】

【0002】
僅かな外力によって揺動し、商品等の広告又は装飾等を助長する表示具として被貼付物に表示札を貼着して表示するものが開示されている(例えば、特許文献1を参照)。しかし、このような表示具は金属や紙製のものが多く、数少ない個数を配置するには高価であり製造に時間がかかってしまう又、汚れが付着した際の拭き取りが困難である。

【効果】

【0005】
本考案に係るパック式スイング広告板は、広告面4を二枚のフィルム7で挟み覆い、市販されているローラー式加熱圧着機(ラミネーター)や家庭用アイロン10等を使用することで、自身で容易に加工することができ、広告面の劣化を防ぎ長期使用に優れたものである。

(57)【要約】

【課題】紙又は樹脂をフィルムで挟み加熱したものからなるパック式スイング広告板において、加工容易性と保存性に優れた広告板を提供する。【解決手段】紙又は樹脂等の広告面4を2枚重ねのフィルム7で挟み、ローラー式加熱圧着機(ラミネーター)や家庭用アイロン10等で加熱させることで、加工の容易化と長期の保存性を実現する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):