(54)【考案の名称】シールラベルによる立体印刷物

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、従来行われていない方法であるタックシールである。平面上の紙、フイルムを抜いて折り曲げることにより立体的に見せようとするものである。

【従来の技術】

【0002】
従来のラベルシールを立体的に見せようとすると、
(1)印刷インキをふくらませ、盛り上げる方法。
(2)エンボス加工をして凹凸をつける。
(3)厚手の素材を使用したラベル。
(4)部分的に粘着を施す。

【効果】

【0005】
従来シール、ラヘル又はPOP、カードなどのエンボスや盛り上げ印刷などに見られるように、やや離れて見ると訴求力に乏しさがあったが、本考案は1枚のラベルが、例えば蝶が止まっている様、又は花が咲いている様など、立体として飛び出して見えるので、アイキャッチ、インパクトにおいては絶大である。POP、ラベル、ケース、包装紙の上のワンポイント飾りなどにも最適である。

(57)【要約】

【課題】 平面の印刷物であるラベルシールを立体的に視認出来るように加工を施し、よりアピール性の強いラベルやカード体など、販促効果を向上させる印刷物を提供する。【解決手段】 複数層の用紙の一部を接着させ、その目的に応じた形、デザインを施し、型抜き、型押などを施し、その非接着部分を立ち上げ、折り、曲げる事により平面印刷物を飛び出させ、立体に見せる事を特徴としたラベルシールやカード体。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):