(54)【考案の名称】紫外線反応性インクを塗布した部分を有する傘

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】 図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は,傘,特に日傘を差す必要があるかどうかを容易に判断できる傘に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来からの日傘は,紫外線遮断効果やデザイン性を重点として開発されており,その点では現状はほぼ満足される状態である。

(57)【要約】

【課題】 傘,特に日傘を差す必要がある紫外線の量を容易に判断することのできる傘を提供する。【解決手段】 紫外線反応性インクを塗布した部分を傘の布の留め部,あるいは傘の袋に設けて上記課題を解決する。傘,特に日傘を持参していて,使用する必要な紫外線量かどうかを傘をたたんだまま,あるいは袋に入れたまま,若しくは傘を差している時に紫外線反応性インクを塗布した部分が変色することにより容易に判断できるものである。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):