(54)【考案の名称】ブックカバー

(51)【国際特許分類】

B42D 3/18 ・他の付属装置

(73)【実用新案権者】株式会社遠東商会

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案はブックカバーに関し、特に、各種書籍を収容して書籍を保護するとともに書籍の持ち運びが便利で読み易いブックカバーに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
購入した書籍をそのまま持ち運んだり保管をしていると、表紙が汚れたり色褪せを生じ、また、破損することがある。これを防止するために文庫、新書、一般書籍、文芸書、専門書等の書籍は、あらかじめ表題や表紙絵を表したカバー(ジャケット)で覆われているが、これをそのまま持ち運び、例えば、電車内や喫茶店等で読むことは、表題によって周りの者に書籍内容が分かるものである。
【0003】
書籍によっては内容を知られたくないこともあり、このような場合には、本を購入した書店が用意するブックカバーで前記のカバーを含む書籍全体を覆うが、横長なシート状ブックカバーの両側を書籍の表紙及び裏表紙の内側に折り返しただけであるので、ブックカバーが書籍から外れやすい欠点を有していた。また、ブックカバーは、通常は紙製であるので破れやすい問題を有していた。
【0004】
布や皮革あるいはビニールのような合成樹脂等を素材とする材質からなるブックカバーが市販されている。このブックカバーは、横長に裁断したシートの両側を内側に折り返して差込み部を形成したものである。書籍の表紙や裏表紙を差込み部内に差し入れて書籍全体を覆うようになっている。
【0005】
カバーシート自体は丈夫なものであり、全体として見栄えが良く、書籍を保護するには充分であるが、手に持っていると落としたり、ブックカバー自体が手垢で汚れるので持ち運ぶには不適であり、カバンや袋等が必要となる。
【0006】
また、差込み部を形成したブックカバーは長さに制限があるので、書籍の表紙をブックカバーの片側の差込み部に差し入れても、裏表紙を他の差込み部に差し入れることができず、書籍が厚くなると収容することができないものであった。
【0007】
また、読んだページに紙製のシオリ片を挟むことが多いが、ページを開いた時にシオリ片を落としたり、失くすことがあり、不便である。しかも、従来の市販のブックカバーには使いやすいシオリを設けたものは存在しない。
【0008】
特開2003−54158として把手付きのブックカバーが提供されている。このブックカバーでは、書籍を収容可能なブックカバー本体1に把手2を設けて持ち運びができるようにしてある。
また、この先行技術のブックカバー本体1では書籍の表紙や裏表紙を差し入れるポケット部16が形成してあり、このポケット部16にはしおりの役目を果す縦長な短冊状の切り込み38が形成してある。

【効果】

【0014】
本考案によればカバーシート2の両側に形成した差込み部3内に書籍6の表紙及び裏表紙を差し入れることで書籍6を収容し、書籍6を保護することができる。しかも、手提げ用の取手4が形成してあるので、書籍6を収容した状態で持ち運ぶことができ、大きい書籍あるいは重い書籍でも持ち運びが容易である。
【0015】
カバーシート2の中央にはシオリ5を設けたので書籍6の必要ページに上下方向に差し挟むことができ、全てのページに簡単に挟むことができる。書籍6を読む時にはシオリ5を挟んだままあるいはシオリ5をカバーシート2の外側に取り出すことができるので、ページを捲るのに邪魔になることがない。
【0016】
カバーシート2の両側には2本の結び紐7を設けておけば、書籍6を閉じて持ち運ぶ際、結び紐7を結び合わせておけば書籍6が開くことはなく、持ち運びが容易である。
【0017】
カバーシート2は、全体あるいは一部を伸縮性を有するシート8で形成すれば、カバーシート2を延ばして書籍6を内部に収容することができるので、同じ大きさの書籍6でも厚さに対応することができる。しかも、書籍6を収容した後、シート8は縮むのでカバーシート2と書籍6は一体化し、書籍6を充分に保護することができる。

(57)【要約】

【課題】各種書籍を収容して書籍を保護するとともに書籍の持ち運びが便利で読み易いブックカバーに関する。【解決手段】布、皮革あるいは合成樹脂等からなる横長なカバーシート2の両短辺部を同じ方向に折り曲げて偏平袋状の差込み部3を形成するとともにカバーシート2の両短辺部には、カバーシート2の長さ方向に延ばした取手4を形成し、カバーシート2の片側長辺部中央にはカバーシート2の長さ方向とは直交する方向にシオリ5を設けたブックカバーである。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):