(54)【考案の名称】鏡画面の表示機能を備えた携帯電話

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、鏡として使用できるように金属の光沢を持つ鮮明な鏡画面を、メニューキー等で選択することによりディスプレイに表示するための、鏡画面の表示機能を備えた携帯電話等に関するものである。
【0002】
本考案は、携帯電話は勿論同じような画面表示機能を持つノートパソコン、デジタル携帯音楽プレーヤー等に応用出来、これらを総称して携帯電話等と称する。以下1実施例として携帯電話で説明する。

【従来の技術】

【0003】
鏡付携帯用化粧道具として、白粉(おしろい)とバフを納めたコンパクトがあり、女性に重宝されている。しかし最近では、口紅、アイラインなど化粧品も多様化しコンパクトだけでは用を足していないことも実状である。
【0004】
ビジネスマンも化粧は別にして、ネクタイ、髪型など大事な打ち合わせなどの身だしなみのチェックのためにカードミラーを手帳などに入れている人を見かける。
又、オフィスではノートパソコンで身だしなみがチェックできると急な会議や接客など便利である。
【0005】
最近の携帯電話の普及は目覚しく、学生から老人までほとんどが携帯している。ノートパソコンも最近のオフィスでは、一人1台が普通で必需品になっている。又動画の見られるデジタル携帯音楽プレーヤー等も普及している。このように画面表示機能を有する携帯品が多くある。
【0006】
特開2004−297375に「鏡付携帯電話」が出願されているが、これは鏡体(カードミラー)を携帯電話の本体(操作キー部)とディスプレイとの間に挟みこむようにして入れ、ディスプレイの側面から90度外側へ回転させて、現出させることが出来るような構造で、完全にハードとしての構造であり厚みも厚く、重量的に重くなり、ディスプレイを見るのにいちいち90度外側へ回転させる必要があるなどの欠点を有する。

【効果】

【0013】
女性は勿論男性も、いつでも、どこででも携帯電話等を使う振りをして、この鏡で身だしなみのチェックが出来る。
メニューキー等で選択して、鏡画面をディスプレイに表示するようにするだけで、ハード的な要素は何もなく、携帯電話等の本来の機能を損なうことなく、持ち運びや使用方法も従来通りに出来問題ない。
専用の鏡画面用カラーモードソフトを使用するため、金属の光沢のある鮮明な鏡画面を表示出来、1,677万色のフルカラーモードでなくても使用出来安価に出来るなどの特徴がある。

(57)【要約】

【課題】鏡として使用できるように、メニューキー等で選択することにより、鮮明な鏡画面をディスプレイに表示するようにした携帯電話等を、提供することにある。【解決手段】鏡として使用できるように、バフ掛けした銀メッキプレートと同じような金属の光沢を持つ色を作成するための専用の鏡画面用カラーモードソフト(4)を内蔵し、メニューキー(3)等で選択することによりディスプレイ(2)又はサブディスプレイに鮮明な鏡画面を表示するようにした、鏡画面の表示機能を備えた携帯電話等(1)。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):