(54)【考案の名称】電話通信ユニット

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、電話通信ユニットに係り、特に、スタンドに受話器が収容でき、かつ受話器にはコードレスイヤホンが収容できる電話通信ユニットに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
図1は、一般的な従来の電話機を示す図である。図1を参照すると、従来早期の電話機2は、ダイヤル本機20と受話器22の間に通信接続線24を有する装置であって、転送回線26で公衆交換電話網(PSTN)7に接続される。使用者はダイヤル本機20上の押しボタン28でダイヤルし、公衆交換電話網7を介して遠隔の連絡者に連線し、受話器22を用いて連絡者と通話できる。
【0003】
しかしながら、無線通信技術の発達により、従来、通信接続線24を介して受話器22に接続するダイヤル本機20である従来の装置は改良され、図2に示すように、無線通信機能のあるコードレスダイヤル電話機2’になり、また、同様に無線通信機能のあるスタンド20’が搭載され、コードレスダイヤル電話機2’とスタンド20’の間で無線で接続される。上記スタンド20’はさらに、公衆交換電話網7に接続し、所定の空間において距離に制限されず通話することを実現できる。
【0004】
同時に、人々の生活では、ブルートゥース通信技術も、あらゆるパーソナル携帯通信機器、例えば、ブルートゥースイヤホン及びブルートゥース携帯電話等に広く適用され、使用者は、様々な場所において電話をする際、ハンズフリー効果を得ることが出来る。
尚、従来のブルートゥースイヤホンとブルートゥース携帯電話端末については、特許文献1に記載されている。
【0005】
以上のように、人々の生活における電話通信の利便性は徐々に向上してきた。
しかしながら、一般的な従来の電話機は転送回線26に制限され、コードレスダイヤル電話機2’は無線機能を有するが、使用者は長時間の間、電話機を持つことで腕の疲れや痛みが生じ、この問題は、人々の生活または仕事上の通話品質及び通話に対し大きく影響する。このため、使用者が一般的な従来の電話機を使用する時にハンズフリー効果を達成できる技術を提供する必要がある。

【効果】

【0012】
装置上に受話器、スタンド及びイヤホンが組み合わせられ、受話器がスタンド内に差し込み可能に収容され、また、イヤホンも受話器内に差し込み可能に収容される電話通信ユニットを得ることが出来る。
また、使用者が通信のニーズに応じて通信方式(ここで、イヤホンを用いる通信や、受話器を用いる通信およびスタンドを用いる通信などを含む)を任意に選択できるように、スタンド内にもイヤホンが収容できる電話通信ユニットを得ることが出来る。

(57)【要約】

【課題】本考案は、受話器がスタンド内に差し込み可能に収容され、また、イヤホンも受話器内或いはスタンド内に差し込み可能に収容されるような電話通信ユニットを提供することを目的とする。【解決手段】スタンド、受話器及びコードレスイヤホンを備える。使用者は通信のニーズに応じて、通信方式を任意的に選択できる。ここで、通信方式はコードレスイヤホンを用いる通信や、受話器を用いる通信およびスタンドを用いる通信などの様々な通信選択が含まれる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):