(54)【考案の名称】会議用スピーカーホンの接続用アダプタ

(73)【実用新案権者】日本通信電送株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】 図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、電話回線やインターネット等の通信回線を介して会議を行うための電話会議用スピーカーホンに用いる回線接続のためのアダプタに関する。

【従来の技術】

【0002】
昨今、通信回線を介して会議を行う、所謂、電話会議を行うことは技術的に珍しいものではなくなっている。しかしながら、電話会議を行うためには、通常、専用回線を引く必要があり、また、複雑な信号処理を行うことができる高価なデジタル構内交換装置を設置する必要があり、普及を阻害する要因となっていた(例えば、特許文献1参照)。
【0003】
このような状況を打破する手段として、汎用の通信回線を用いて電話会議を行うための電話会議用スピーカーホンが提案されている(例えば、非特許文献1参照)。この電話会議用スピーカーホンは、アナログ通信回線(ISDN回線におけるように、モデムやターミナルアダプタを介してデジタル通信回線に接続する場合を含む。)に接続して使用する、所謂、アナログ通信回線用として用意されている。
【0004】
一方、小規模の事業所内向けの構内交換装置として、多機能型電話機を使用できる小規模構内交換装置(以下、これを「ビジネスホン」と言う。)が普及している。このビジネスホンは、主装置と子機から構成され、多機能を実現するために音声信号以外の制御信号等もまた主装置と子機との間で送受される。また、子機とその子機の受話器との間は、送話用と、受話用と、送話用のアース用と、受話用のアース用の合計4本の導線で接続されているが、それらの導線のコネクタ接続位置は、各社或いは各機種により異なっている。
【0005】
このため、ビジネスホンを設置している事業所で電話会議用スピーカーホンを使用しようするには、アナログ通信回線を別途に用意する必要があり、電話会議システムの導入を阻害する大きな要因となっていた。

【効果】

【0010】
本考案によれば、アナログ信号が入出力されるビジネスホンの子機の受話器に設けられた受話器用ジャックを回線の入出力端子として使用するため、アナログ電話回線用の電話会議用スピーカーホンをビジネスホンを設置した事業所で使用でき、また、パソコンの音声入出力用ジャックを回線の入出力端子として使用することによって、スカイプ(商標)で代表されるようなP2P技術を応用したIP電話回線を用いた電話会議をも可能にする。

(57)【要約】

【課題】 アナログ回線用として設計されている電話会議用スピーカーホンを、ビジネスホンを設置している事業所で使用することができる接続用アダプタを提供する。【解決手段】 会議用スピーカーホンのマイク入力端子およびスピーカー出力端子と接続するための接続用コネクタと、ビジネスホンの子機の受話器の受話器用ジャックまたはパソコンの音声入出力用ジャックと接続するための回線用コネクタと、前記接続用コネクタと回線用コネクタとの間の接続関係を切り替えるための切替え装置とから構成される。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):