(54)【考案の名称】卓上情報カード表示装置

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(73)【実用新案権者】株式会社ミスト

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、卓上情報カード表示装置に関し、特に、卓上でメッセージ情報または献立情報が記載された第1の情報カードと席札である第2の情報カードとを表示するための卓上情報カード表示装置に関する。

【従来の技術】

【0002】
宴会、パーティ、会議等の各種集会において、卓上にどの参加者の席であるかを示すための席札が載置されることが行われている。席札は、一般に、厚紙からなるカードの表面に氏名等が記載されて構成される。
【0003】
また、席札が平面的なカードの場合に参加者はテーブルにかなり近付かなければ席札に記載された氏名を確認できないという問題を解決するために、シート状のブランクを折り曲げて得られる立体的な自立型の席札が提案されている(特許文献1参照)。

【効果】

【0019】
本考案によれば、卓上でメッセージ情報または献立情報が記載された第1の情報カードと席札である第2の情報カードとを表示して必要な情報を適確に提供することができる。
【0020】
しかも、卓上情報カード表示装置は、例えば結婚披露宴等に使用した後に記念品として持ち帰って、例えばパスポート入れ等の各種用途に利用可能となる。
【0021】
したがって、卓上情報カード表示装置が使用される結婚披露宴等の参加者に記憶に残る贈呈品として喜ばれるものとなるため、幅広い利用が期待できる。

(57)【要約】

【課題】卓上でメッセージ情報または献立情報が記載された第1の情報カードと席札である第2の情報カードとを表示して必要な情報を適確に提供できると共に、宴会等の集会の終了後にも記念品として持ち帰って利用可能な卓上情報カード表示装置を提供する。【解決手段】第1の情報カード10と、第2の情報カード20と、第1のカード及び第2の情報カードを表示のために保持するホルダ30とを有する卓上情報カード表示装置1である。ホルダ30は、折り部34を有する矩形状の本体部31と、第1の情報カード10をその少なくとも一部が本体部31の開放時に外部から視認可能に保持し得る第1の保持部32と、第2の情報カード20をその少なくとも一部が本体部31の開放時に外部から視認可能に保持し得る第2の保持部33とを有する。第1の保持部32は、第1の情報カード10の少なくとも一部が外部に露呈する袋状の保持部である。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):