(54)【考案の名称】返信用はがき、及び返信用封書

(73)【実用新案権者】株式会社 ウイル・コーポレーション

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1c

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、返信用はがき、及び返信用封書に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、広告用チラシに商品を掲載し、その商品を消費者が注文するために広告用チラシに付いている返信用はがきを切り取って送付する場合、又ある機関、組合、団体等がその構成員にアンケート用紙等何等かの回答を要求する返信用はがき付き印刷物を送付し、その構成員がアンケート等の回答をその返信用のはがきにて当該機関、組合、団体等に送付する場合、第三者にみられないように、住所、氏名、性別、年令、職業、内容等を秘匿したい場合があり、又個人情報等の観点から当該住所等を秘匿したい場合があった。
又、広告用チラシ等をみて商品を消費者が注文し、ある機関・組合・団体等がその構成員にアンケート等何らかの回答を要求する場合、返信用はがき、又は返信用封書を印刷物に付けず、返信用はがき、又は返信用封書を広告用のチラシ等に挟んで送付する場合もあった。
【0003】
このような場合、当該返信用はがきの秘匿したい部分にシールを貼るようにする技術が示されている(例えば、特許文献1参照。)。
【0004】

【効果】

【0014】
本考案は、一枚の用紙のみで作製する返信用はがき、及び返信用封書であり、印刷物に付する必要がないゆえに、手間がかからず製造することが出来るものである。

(57)【要約】

【課題】手間がかからず、秘匿したい箇所を秘匿できる、広告用チラシ、アンケート用紙,本等に挟む返信用はがき及び返信用封書を提供すること。【解決手段】返信用のはがきは、横に2つ折りした場合に、はがきの大きさと同じ大きさになるように、横の長さがはがきの横の長さの2倍であり、縦の長さは、はがきの縦の長さと同じであるはがき部2が設けられていること。はがき部の表側の左、右の面4,5全体に、塗布した後にその上から文字を書くことが出来、かつ剥離可能な性質の接着剤が塗布されていること。返信用の封書は、縦に2つ折りした場合に、重なる上の面と下の面の大きさが同じになるように封書部が設けられていること。封書部の縦に2つ折りした場合に重なる上、下の面の周囲に、接着剤が塗布されていること。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):