(54)【考案の名称】折りたたみ名刺

(73)【実用新案権者】有限会社五十嵐印刷

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、折りたたみ名刺に関し、さらに詳細には、折りたたんだ状態から展開して伸張自在な折りたたみ名刺に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来より、ビジネスなどにおいて用いられている名刺は、例えば、縦9cm×横5.5cm程度の大きさの長方形形状の一枚の紙片により形成されており、この紙片の表面や裏面に、会社名、部署名、役職名、氏名、住所、電話番号、ファクシミリ番号ならびにメールアドレスなどの名刺として必要な情報が印刷されている。
【0003】
しかしながら、上記したような従来の名刺では、当該名刺における表面および裏面の面積が小さいため、当該名刺上に表示することのできる情報量が少なく、会社案内や商品案内などの名刺として必要な情報を除く所望の情報を印刷することが困難であるという問題点があった。
【0004】
このため、例えば、特許文献1として提示する実用新案登録第3108597号公報に開示されているように、複数のシート片を谷折り線や山折り線を介して縦横に連設するとともに、これら複数のシート片を重合状に折りたたみ、展開自在となるように形成した折りたたみシートからなる折りたたみ名刺が提案されている。
【0005】
こうした折りたたみ名刺によれば、複数のシート片の表面や裏面に情報を印刷することができるため、名刺に記載可能な情報量を著しく増加することができ、会社案内や商品案内などを容易に記載できるものであった。
【0006】

しかしながら、上記した折りたたみ名刺は、折りたたみ方が複雑で折りたたみ難く、かつ、折りたたんだ状態で保持したいにも関わらず容易に展開してしまうという新たな問題点を招来するととももに、折りたたんだ状態における表面の形状は従来の一枚の紙片により形成されている名刺と何ら異なるところがないため斬新性に欠け、名刺交換により名刺を渡す相手方に強い印象を与えることができないという問題点もあった。

【効果】

【0012】
本考案は、以上説明したように構成されているので、折りたたみ方が簡単で折りたたみ易く、かつ、折りたたんだ状態から展開する操作を行わない限りは折りたたんだ状態を保持することができ、しかも名刺交換により名刺を渡す相手方に強い印象を与えることが可能な折りたたみ名刺を提供することができるという優れた効果を奏する。

(57)【要約】

【課題】折りたたみ方が簡単で、かつ、折りたたんだ状態から展開する操作を行わない限りは折りたたんだ状態を保持し、名刺交換により相手方に強い印象を与える。【解決手段】第1折り曲げ線14aと第2折り曲げ線14bとによって、シート12の領域を第1領域12aと第2領域12bと第3領域12cとに分割するとともに、第2領域の幅が第1領域の幅以下の大きさであり、かつ、第3領域の幅が第2領域の幅よりも狭く設定し、第1領域の上縁部から第3領域の側端部にかけてシートの上端部を三角形形状に折り曲げる第3折り曲げ線14cを形成して、シートの上端部の領域に三角形形状の第4領域12dを形成し、第1領域上に第2領域と第3領域とを重ねた際に、第3折り曲げ線により折り曲げ形成された三角形形状の第4領域が第3領域の側端部と形成する角部を嵌入可能な切り込みを形成する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):