(54)【考案の名称】複数折り名刺

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図4

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は複数折り名刺に関する、例えば4つ折りの場合はJIS規格に規定の91mm×55mmの通常一般的名刺サイズと比較して、4倍の情報量を盛り込む事が出来る。また立体的な形状機能が盛り込まれている為に名刺の交換相手および受取側に対して、より強い印象を与える事が出来る形状および機能である。

【従来の技術】

【0002】
通常の一般的名刺は91mm×55mmとJIS規格に規定されており、一般的な一枚形状名刺では情報の提供および反映範囲は両面のみである。

【効果】

【0005】
本考案はJIS規格に規定の一般的名刺サイズと比べての情報量が多く盛り込める事が特徴で例えば4つ折りの場合は4倍の情報が盛り込める事から、名刺の交換相手もしくは受取側に対して、より多く情報および宣伝や販売促進、働き掛けおよび訴え掛けが可能となる。例えば会社紹介内容を盛り込めば会社案内付き名刺として、自社商品や自社取扱商品、自社販売商品および解説等を加えれば商品カタログ付き名刺として、また店舗の場合はクーポン券を付加すれば販売促進および更に集客効果を高める事が出来る名刺となる訳である。また本名刺は折り畳み式である為、折り畳まれた状態ではJIS規格に規定の一般的名刺サイズと同一であり、市販品の名刺入れにも全く問題なく納まる寸法となっている。さらに用紙を4枚重ねた厚みが有る為、名刺の交換相手もしくは受取側が名刺入れに収納して保管した際にも、見つけ易く且つ探し易い状態の形状となっている。
【考案の実施するための最良の状態】
【0006】
複数折り名刺に関する、例えば4つ折り名刺は、巻き4つ折り加工として使う事を基本形式とする。巻き4つ折りとするのは常に折り畳んだ通常サイズとして使用する際、長い辺の方に折り目が来るようにすれば、渡す方も受け取る方でも双方の名刺入れから出し入れし易い様になるからである。

(57)【要約】

【課題】一枚もの形状で、且つJIS規格寸法の名刺範囲内では表記が難しい情報をさらに多く盛り込む事が出来、受取側へ強い印象を残す事が出来る複数折り名刺を提供する。【解決手段】複数の折り目部分から成る折り畳み機能を加えた名刺で、折り畳まれるとJIS規格に規定の一般的名刺サイズになる。例えば巻き4つ折り畳みの場合はJIS規格に規定の一般的名刺サイズと比べ4倍の情報量が盛り込めると同時に通常は一般名刺サイズで使用でき、名刺の受取相手へより強く働き掛けおよび宣伝が可能である。会社案内を盛り込めば会社案内付き名刺として、自社商品や自社取扱商品の解説を加えれば商品カタログ付き名刺として、店舗の場合はクーポン券等を付加すれば販促および集客効果の高さが期待出来る名刺となる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):