(54)【考案の名称】見出し索引手段を備えた書物

(73)【実用新案権者】株式会社デイトナ

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は主としてカタログや各種のマニュアルにおける見出し索引手段を備えた書物に関するものである。詳しくは書物の内容から必要な該当箇所を誰でも容易に迅速に探し出すための見出し索引手段を備えた書物に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
特に自動車やオートバイ等の部品や用品に関するカタログや各種のマニュアルは、多種多様の物品が膨大な厚さの本になっているものが多い。
こうした厚い書物の中から、自分が必要とするものを、探し出す場合には一般には目次や見出し及び巻末の索引を見ても容易に見出すことができないで、特に急いでいる場合にはイラツキの不快さを感ずることが多くある。そこで、特に商品カタログ等は商品を販売する側だけでなく、顧客やユーザー共々、少しでも速く、誰でもが容易に、求めたい物が索出できるナビケーション的な索引手段を強く市場から求められている。
【0003】
こうした背景によって、従来から、見出しにさまざまな工夫がされている書物やカタログ・情報誌などが開示されている。例えば、「見出し表示」として、見出しに記載されているページに字母表を表記すると共に、当該ページに記載されている見出しの文字等を他と識別可能に表示することである。(参考文献1参照)
【0004】
また、「インデックス機能を有するカタログ」として、各作業工程に該当する商品説明が掲載されるカタログ指定頁都を表示した工程別インデックスが見開きに掲載されていることである。(参考文献2参照)
【0005】
更に、「情報誌」として、最初の見出しに対応する詳細情報を一覧紙面まとめて、それらを物件情報、販売情報およびサービス情報を割り付けたページを合本的に綴じたものである。(参考文献3参照)
【0006】
しかし、上記のいづれのものも、所定の単元や章の構成から、それに該当する詳細情報を、単独に見出すだけのものであって、その中に該当するものが、そこに記載されていなかった場合には、単元全体の紙面を探し回らなければならない欠点があり、結果的に自分の欲しい該当するものが存在するのか否か、ということも不明となって不快感が募るという問題がある。故にに誰もが容易に求めるものを索出できる一連のナビケーション的な索引手段を要求される。
【参考文献】

【効果】

【0012】
本考案による見出し索引手段を備えた書物によれば、書物の内容から必要な該当箇所を誰でも容易に迅速に探し出すことができる。しかも、構成が簡単なので大量生産にも適し、安価にて市場に供給することもできる。
【0013】
また、小区分で区切られた紙画上に個々の内容に関係する情報を相互に案内や知らしめるべく付与見出しまたはリンク見出しを設けたことによって、一貫して関係する詳細情報や参考情報まで、容易に知ることができ、時には必要に応じて元の関係先の情報まで、即座に表示された頁にて戻ることもできる。従って、最初の目次や見出しまで戻って、やり直して見直すことを要しないことである。
【0014】
また、中区分の内容を示す見出しを、少なくとも表示の一部を扉または窓状の枠を設けるとともに視認イラストまたは画像類で表示したことによって、求める現物に近い画像などによって、見間違いの防止ができ、しかも美しく楽しい検索作業とすることができる。
【0015】
更に、書物大分類区分において、その区分内を所定のジャンル別に分割して、該分割境界を明示すべく各紙面側縁部に前記ジャンル別の内容を示す見出しを設けたことによって、各紙面の上縁部の頁見出しに加えて側縁部に前記ジャンル別の内容を示す見出しがあるので、求めるものを探す目の動きは縦と横からの交点をとらえるので、言わば地図などのマトリックス的に紙面エリアを限定することができるので、より一層能率良い検索作業とすることができ速く見出すことができる。
【考案を実施するための最良な形態】
【0016】
以下、本考案による実施の形態を図面に基づいて説明する。
図1は本考案の見出し索引手段を備えた実施例の書物の構成概略説明図である。

(57)【要約】

【課題】書物の内容から必要な該当箇所を誰でも容易に迅速に探し出すための見出し索引手段を備えた書物を提供することである。【解決手段】書物を構成する内容を少なくとも二つの基本的な大分類区分でもって集約した区切りに応じて綴じたものを合体製本として構成したものであって、大分類区分に対応した見出し11を設け、中分割境界の紙面に中区分の内容を示す見出しを設けるとともに、全頁の紙面上縁部に、全てのものが一覧できる一覧帯状見出し22を設け、該当箇所に分別視認色彩や符号221を付け、他の見出しとの識別可能に表示したこと、と中区分に属し且つ、個別の紙面に個々の内容を記載した小区分見出し222とを設けて、目的のものを索出する一連のナビゲーションを成す見出し索引手段を備えた


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):