(54)【考案の名称】太陽光発電装置

(51)【国際特許分類】

H01L 31/042

(73)【実用新案権者】有限会社KMY

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(73)【実用新案権者】日本中央研究所株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は、太陽光発電装置に関する。

【従来の技術】

【0002】
一般家庭等においても太陽光発電装置が広く普及している。この太陽光発電装置は通常強い日照が得られる場合に効率よく発電がなされる。

【効果】

【0008】
この考案によれば、日照による太陽電池の温度上昇が少なく発電機能に優れる太陽光発電装置を提供することができる。

(57)【要約】

【課題】 日照による太陽電池の温度上昇が少なく発電機能に優れる太陽光発電装置を提供する。【解決手段】 太陽電池3上に、一対の透光性板体5a、5bがそれぞれの間に断熱空間層7を形成するように配置され、透光性板体5a、5b面に赤外線遮断層4が付設されてなることを特徴とする太陽光発電装置。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):