(54)【考案の名称】立体絵

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、立体絵に関するものであり、とりわけ目の見えない人が絵画を鑑賞できる立体絵に係るものである。

【従来の技術】

【0002】
発泡性シートを用いた半立体画像の作製方法が、例えば特許文献1に記載されている。この技術は、加熱により膨張する多数のマイクロカプセルを有する発泡性シートの表面に光吸収パターンを印刷して、この画像パターンに赤外線等を照射することにより、発泡カプセルを膨張させて、発泡性シート上に選択的に凹凸を生じさせ、それにより凹凸画像を形成するものである。
【0003】
ところで、目の見えない人に絵画が理解できるように、凹凸表面により画像を形成した点字絵が知られている。このような点字絵は、従来は手作業により作製されていたが、上記技術を用いれば、容易に作製が可能である。しかし、上記技術により点字絵を作製しても凹凸画像を手で触れるだけでは、絵の理解が十分ではない場合があり、また色彩も理解できない。

(57)【要約】

【課題】目の見えない人が、手の感触により鑑賞できる絵画の提供。【解決手段】立体絵は、凹凸表面を有する半立体画像を有し、半立体画像の画像要素の上またはその近傍の凹凸表面上に数字の形状を有する突部が一体に形成されている。立体絵には、突部の付された画像要素を説明する点字配列が余白に形成されていることが好ましい。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):