(54)【考案の名称】書類入れのファイリング用帯状シート。

(73)【実用新案権者】セザックス株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】 図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、書類入れのファイリング用帯状シートに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来より、関連する資料などを分類して一時的に保管するための、二辺が開放されたクリアフォルダーなどの書類入れが知られている。
このような書類入れを用いて分類した書類を、長期的にファイリングするためには、書類入れをそのまま保管するか、又は専用の用具を使用する必要があった。

【効果】

【0011】
本考案によれば、ファイリングをする際に、書類1枚1枚に帯状シートを貼ることや、ファイリング専用の書類入れを作るための時間と手間、コストを軽減することが可能な帯状シートを提供することができる。
そして、本考案を用いることにより、既製品のクリアフォルダーをそのまま使用でき、しかも長期間保管したいものだけに貼れば良いため、ファイリング専用に特殊な書類入れを用意する必要がなくなる。

(57)【要約】

【課題】 既存の書類入れに、帯状シートを接着することにより、前記書類入れをそのままファイリングすることができ、中身の書類のこぼれ落ちを防止することが可能な帯状シートを提供する。【解決手段】 四角形の二枚のシートの四辺のうち、隣接する二辺が固着されると共に残る二辺が書類の挿入口として開放された書類入れを、既製のファイル又はバインダーに綴じるための帯状シートであって、書類入れをはさむように前記帯状シートを山折り状にした、前記帯状シートの長手方向中央部の左右それぞれには、前記ファイル又はバインダーに綴じるための綴じ込み部と、さらにその外側には書類入れに接着するための接着部とが設けられ、前記二枚のシートそれぞれに対応する前記接着部を、書類入れの開放された一辺部分に接着させ、前記綴じ込み部を前記ファイル又はバインダーに綴じることにより、中身の書類がこぼれ落ちないように書類入れをそのままファイリングする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):