(54)【考案の名称】吃音矯正用口形符リードプレート付ノート

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は、吃音者が発生練習に用いる吃音矯正用口形符リードプレート付ノートに関する。

【従来の技術】

【0002】
吃音の矯正方法は従来から種々提案されており、発声時に人の口許を真似させたり、あるいは深呼吸法とか精神的緊張の赤面症に対する度胸の鍛錬など数々あるが、特に吃音は病気ではなく、真似からおこる本人責任の障害が大半であり、医学においても吃音科はなく、医師も手を離しているのが現状である。

【効果】

【0009】
この考案によると、母音の口形符イラストと母音の文字と各母音毎に関係する子音の文字を並べて一覧表記したリードプレートと、複数の単音書き込み枠と、各の単音書き込み枠の内部に母音書き込み枠が表記されている単音書き込み用紙を綴り込んだので、リードプレートによって母音の口形符と各子音に関与する母音とが一目で確認でき、しかも、単音書き込み枠に話したい単音と母音書き込み枠にその母音を書き込むことにより、発音したい単音の母音が忘れることなく簡単にわかり、口形符イラストを見て該当する母音の口形にして歯を開けたり噛んだりして発声することにより、子音とそれに続く母音の発声がスムースに行え、子音も母音も話せることになり、人の口の変化を見るよりも、口形符に従えば、ハッキリ口の形が判り、口形を忘れずして発生の練習ができることで、簡単で効果的に吃音を矯正できることになる。

(57)【要約】

【課題】簡単で効果的に吃音を矯正することができる吃音矯正用口形符リードプレート付ノートを提供する。【解決手段】母音発声時の母音特有の口形を母音毎に図示した口形符のイラストを表記すると共に、母音の文字と各母音毎に関係する子音の文字を並べて一覧表記したリードプレート5と、発声したい文字を書き込む複数枚の単音書き込み用紙7を綴り込み、単音書き込み用紙7に、複数の単音書き込み枠と、各の単音書き込み枠の内部に母音書き込み枠が表記されている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):